半分、青い第1話のあらすじ感想(ネタバレ注意)

半分青い第1話あらすじ

朝ドラ『半分、青い。』第1話のあらすじや感想を紹介します。

2018年前期の朝ドラ『半分、青い。』がいよいよ始まりましたね♪

主演は、永野芽郁さん。

2017年にブレイクの予感はありましたが、朝ドラのヒロインになったことで2018年、ブレイク間違いなしの女優さんです。

それだけに注目度が高い今回の朝ドラ『半分、青い。』。

 

第1話のあらすじや感想を紹介しますので、一緒に楽しみましょう♪

ただ、感想もあるので、ネタバレに感じる部分も。

まだ第1話を見てない、って人は、先に1話を見て下さいね!

 

1話を動画で見る方法

それではまず、朝ドラ『半分、青い。』1話を見逃した時のおすすめ動画視聴方法から紹介します。

まだ見てない人が感想とか読んだらネタバレになっちゃいますからね(笑)

おすすめ動画視聴法

朝ドラ『半分、青い。』1話を見逃した時のおすすめ動画視聴方法は、

U-NEXT

で見ることです。

 

U-NEXTなら、朝ドラの他にもいろんな動画が楽しめるんでおすすめです♪

ただ、NHKのドラマって視聴方法がちょっとややこしいんですよね…。

視聴方法を確認してから、『半分、青い。』1話を見て下さいね。

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

3つの視聴方法

『半分、青い。』1話を見るための視聴方法は、3つあります。

  • 単話で見る
  • 見逃し見放題パックで見る
  • 特選見放題パックで見る

 

3つあるんですが、よくわかりませんよね?

順番に説明しますね。

単話で見る方法

まずは、単話で見る方法です。

見逃したのが、『半分、青い。』1話だけとかなら、単話で見るのがお得です。

あと、めったに見逃さない人も単話がお得ですね。

単話料金:216円

見逃し見放題パックで見る方法

次に、見逃し見放題パックで見る方法です。

見逃し見放題パックは、『半分、青い。』のほか、大河ドラマやNHKの番組で見逃したものがあれば、約14日間動画視聴されるサービスです。

『半分、青い。』5話も早くて当日、遅くて次の日には動画配信されるんで、すぐに見たい時なんかにおすすめです。

ただ、視聴期間を過ぎると、動画が見れなくなるので、『半分、青い。』1話も1回見ればイイ、って考えてる人におすすめです。

月額料金:972円

特選見放題パック

次に、特選見放題パックです。

特選見放題パックは、『半分、青い。』のほか、過去に放送された朝ドラや、『西郷どん』など、放送中の大河ドラマから過去の大河ドラマまで見れます。

ただし、特選見放題パックで動画配信されるのは、見逃し見放題パックの視聴期間が終わってからなので、すぐに動画を見たい人にはおすすめできません。

『半分、青い。』も何度も見たい、一気に見たい、過去の朝ドラや大河ドラマを見たい、なんて人にはおすすめです。

月額料金:972円

どれがおすすめ?

『半分、青い。』1話を見るのに、3つの視聴方法があることを紹介しました。

でも、結局自分に合った視聴方法って難しいですよね?

3つの視聴方法でも解説しましたが、

  • 見逃した回数が少ないなら『単話購入
  • すぐに見たいなら『単話購入』・『見逃し見放題
  • 1回見れば十分なら『単話購入』・『見逃し見放題
  • 見逃した回数が多いなら『見逃し見放題』・『特選見放題
  • まとめてみたいなら『特選見放題

ざっくりですが、タイプ別におすすめの視聴方法をまとめてみました。

自分の視聴パターンに合わせて選んでくださいね♪

こんな人にはおすすめしない!

あと、『半分、青い。』1話の動画を見るのにU-NEXTがおすすめだと紹介したんですが、おすすめしない人もいます。

それは、NHKしか見ない人です。

NHKしか見ないと、U-NEXTで見る良さがありません。

朝ドラや大河ドラマしか見たくない人は、NHKオンデマンドのほうがお得です。

U-NEXTで見るか、NHKオンデマンドで見るかも自分の視聴パターンに合わせて選んでみてください♪

U-NEXTの特徴

あと、もう少しだけU-NEXTの特徴について紹介しておきますね。

U-NEXTは、新規登録で31日間の無料お試し期間があります。

これは、NHKオンデマンドにはありません。

また、U-NEXTで新規登録した場合、600ポイント(600円相当)がもらえます。

もらったポイントを使えば、単話購入で必要な216円をポイントを使って見ることができます。

 

あと、U-NEXTは、月額料金が1990円なんですが、毎月1200ポイントがもらえます。

『半分、青い。』を見放題パックで見たい場合、ポイントを使って月額料金の972円を払うことができます。

余ったポイントを使えば、他のドラマや映画なんかを視聴することもできます♪

月額料金も高く感じるかもしれませんが、1200円相当のポイントがもらえるんで、実質790円で利用してるようなものですね。

あとは、NHKオンデマンドで見るか、U-NEXTで見るかは、視聴パターンで決めて下さい。

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

注意

『半分、青い。』1話を見るのにおすすめしたU-NEXTの情報は、2018年4月6日時点のものです。登録する時期によって、見放題や動画配信が終わってる可能性がありますので、登録する前に確認してください。

『半分、青い。』第1話のあらすじ

それでは、まず『半分、青い。』第1話のあらすじから紹介します。

 

サブタイトル『生まれたい!』

 

高校時代

高校の下校時間。

外は雨が降っていた。

傘を持っていない楡野鈴愛(にれのすずめ・永野芽郁さん)は、校舎の出口でたたずんでいた。

 

そこへ、通りかかった男子生徒が、鈴愛に傘を貸してくれ、そのまま走り去ってしまった。

鈴愛は、傘を貸してくれた男子生徒・律(りつ・佐藤健さん)の名前を呼び、お礼を言う。

走り去った律は、振り返ると、アイズをし、そのまま走り去り、友達の傘に入れてもらう。

 

傘を貸してもらった鈴愛は、貸してもらった傘をさっそく差してみると、柄の部分が一か所壊れていた。

普通なら不格好と思うところだが、鈴愛は、おもしろい、と感じる。

雨の中、下校する鈴愛だが、鈴愛は、左側の雨の音が聞こえない。

鈴愛は、小学3年の時の病気で、左耳がまったく聞こえなくなってしまったのだ。

 

雨音が右側だけしか聞こえず、左側は無音の世界だが、鈴愛は全く気にしない。

むしろ、そんな世界をおもしろがるような少女だった。

やがて、雨はやみ、半分、青空になった空が広がる…。

 

楡野家の居間

時はさかのぼり、鈴愛が生まれることになる、楡野家の居間では、鈴愛の父親になる宇太郎(うたろう・滝藤賢一さん)が、居間で昼寝をしていた。

宇太郎は、大きないびきをかくほど熟睡していた。

そのいびきを聞いて、どこからともなく、うるさい!ということが聞こえてくる。

まだ母親・晴(はる・松雪泰子さん)のお腹の中にいる鈴愛だった。

 

鈴愛は、晴のお腹の中で、父親のいびきのうるささに怒って、足をバタバタさせていた。

お腹の子供が暴れ出したことで、一緒に昼寝をしていた晴も起き出す。

晴は、おなかの赤ちゃんがお腹をけってる、と言って喜び、寝ている宇太郎を起こして報告する。

宇太郎も、おなかの中の赤ちゃんの動きを確認するため、晴のお腹に耳を押しあてる。

宇太郎や晴が喜ぶことから、鈴愛もサービス精神を発揮し、おなかの中で暴れまわる。

お腹の鈴愛は、そんな元来のお調子者を反省する…。

 

陣痛

その夜、陣痛が始まった晴。

宇太郎と晴は、急いでタクシーに乗り込み、病院へ向かう。

 

到着したのは、岡田病院。

晴のかかりつけの病院だ。

岡田病院では、女医の岡田喜美香(きみか・余貴美子さん)が、晴の診察をする。

 

一方、楡野家では、晴の状態を心配し、祖父・仙吉(せんきち・中村雅俊さん)が電話の前でそわそわしていた。

そんな仙吉の様子を見た祖母・廉子(れんこ・風吹ジュンさん)は、明日も仕事があるんだから、と心配せずに寝るように仙吉に説教する。

 

一方、病院では、陣痛が始まった晴は、ベッドで横になっていた。

晴は、陣痛の痛みに弱音を吐くが、岡田喜美香の診察によると、どうやら赤ちゃん(鈴愛)は寝ているらしい。

もう少し様子を見ようと、岡田喜美香は病室を出る。

岡田先生が去った後の病室では、晴が宇太郎の胸を思いっきりつねる。

痛がる宇太郎だったが、晴は、私のほうが5千倍痛いわ!と宇太郎に当たる。

 

一方、楡野家では、仙吉と廉子が布団についていた。

仙吉には、寝ろ、と言った廉子だが、廉子自身眠れずにいた。

廉子は、寝室の机で裁縫を続けるが、ふと仙吉の枕元を見ると、なにかをいっぱい書き記した仙吉のノートが目に入る。

廉子がよく見ると、人の名前だった。

仙吉が、生まれてくる孫の名前の候補を書き留めていたのだ。

そのノートを見て、廉子は思わず微笑む。

 

一方、病院では、おなかの赤ちゃんが寝ていることを知った晴が、自分はこんなに苦しんでるのに、寝ているおなかの赤ちゃんをのんきだ、と言って赤ちゃんも責めだす。

おなかの鈴愛は、眠い、気持ちいい、と言い居心地よさそうに眠っていた…。

 

第1話あらすじパート2(ネタバレ注意)

このあとも、『半分、青い。』のあらすじを紹介します。

ただ、ここからは、物語の後半になるので、ネタバレと感じる部分も。

『半分、青い。』の第1話をまだ見てない人は、先に第1話を見て下さいね。

 

宇太郎・晴の過去

時は、少しさかのぼり、鈴愛がお腹にできる時。

世間は好景気にわき、みんなが行け行けどんどんだった時代。

宇太郎と晴は、自分たちが営む食堂で忙しく働いていた。

 

そこに、不動産屋の西園寺満(さいおんじみつる・六角精児さん)が顔を出す。

西園寺は、繁盛している食堂の様子を見て、2号店を出すための物件を紹介しに来たのだ。

強引に物件を進めてくる西園寺だったが、宇太郎は、祖父の仙吉らと作った料理をお客さんの顔を見ながら出したい、と言い、2号店を作る気がないことを伝える。

 

後日、宇太郎と晴は、岡田病院に来ていた。

岡田喜美香に診察結果を聞く晴たち。

喜美香の診断結果に困惑する晴と宇太郎。

晴は、妊娠したのだ。

 

普通なら、喜ぶところだが、晴は、もともと腎臓が悪く、子供を作らない気でいた。

病院からの帰り道、宇太郎と晴は、どうするか話し合う。

宇太郎は、腎臓の状態も落ち着いているから出産も大丈夫かもしれない、という喜美香の判断から、子供を産むかどうかは、晴の考えに従う、と告げる。

宇太郎の考えを聞いた晴は、しばらく考え、生みたい、と答える。

そして、二人は手をつないで家路についた。

 

分娩室

いよいよ晴は分娩室に運ばれていた。

分娩室でお腹の状態を見る喜美香だったが、宇太郎を晴の離れた場所に呼び出し、状態を説明する。

なんと、へその緒がおなかの赤ちゃんの首に巻きついている可能性がある、というのだ。

しかも、2重に。

最善を尽くす、という喜美香だったが…。

 

一方、おなかの鈴愛も困惑。

お母さんの顔が見たい、生まれたい、と必死に叫ぶが…。

1話あらすじ終わり

 

第1話の感想(ネタバレ注意)

ここからは、『半分、青い。』第1話を見た私の感想を。

感想だけに第1話を見てなかったら、ネタバレに感じてしまうかも。

ネタバレを見たくない人は、先に第1話を見るか、感想は見ないようにして下さい。

 

ヒロインがCG

朝ドラ『半分、青い。』は、なんと第1話のヒロインはCGで登場します(笑)

しかも、朝ドラ史上初、胎児から物語がスタート!

なので、第1話の主人公・鈴愛はCG出演、ってことになります。

 

主人公が胎児からスタート。

しかもCG!

どちらも朝ドラ史上初の展開になってます。

これ、かなりおもしろいですね♪

お腹の中の赤ちゃんがしゃべるっていう設定は、他のドラマや映画でもあったと思うんですが、朝ドラでやった、っていうのが大きい。

 

普通の朝ドラは、第1話は、主人公の幼少期から始まるんですが、『半分、青い。』では、胎児から始まる、という。

脚本の北川悦吏子さんの冒険ですね♪

 

しかも、主人公・鈴愛の胎児時代のCGの制作には8カ月かかったっていう話ですから、朝ドラ初の主人公・胎児からスタート、主人公CG登場っていう初めてづくしに朝ドラスタッフの気合いが感じられます。

 

高校時代も出てくる

『半分、青い。』の主人公が胎児からスタートって言いましたが、冒頭では高校時代の鈴愛(永野芽郁さん)が登場します。

これも、自分の記憶の中では、朝ドラ初なのでは?

だいたい、主人公の子役が登場しますからね。

朝ドラのパターンとしては、第1週は、主人公の幼少期時代が描かれるんで、子役が登場します。

でも、いきなり成人した主人公が出てくるパターンは、今まで見た記憶がありません。

これも、朝ドラ史上初なのでは?

 

ただ、第1週で主役の永野芽郁さんが見れるっていうのは、何だかありがたいです♪

おまけに佐藤健さんもちょっとだけ出演してますし。

第1週に主演が登場するって、ちょっとしたことですが、ファンとしてはありがたい。

北川悦吏子さんのファンサービスですかね(笑)

 

オープニングがイイ♪

朝ドラ『半分、青い。』の第1話だけあって、オープニングも注目でした。

主題歌は、星野源さんの『アイデア』。

『半分、青い。』は、主人公鈴愛が離婚を経験し、実家に戻ってから発明する、という物語なだけに、主題歌のタイトル『アイデア』は、物語と連動したところがあるのかもしれませんね。

まだ、第1話が始まったばっかりなので、主題歌との連動性がイマイチわかりませんが…。

 

そして、『半分、青い。』の象徴的な青空と雨雲。

半分晴れた空と、半分くもった空。

それを印象付けるように、永野芽郁さんが傘を回しながら進むオープニングは、空が印象的だし、永野芽郁さんのカワイさも抜群に伝わってくるオープニングになってます♪

朝からすがすがしい気分にさせてくれる最高のオープニングじゃないでしょうか?

 

まとめ

朝ドラ『半分、青い。』第1話のあらすじと感想をまとめてみました。

注目の第1話でしたが、まだ1話なんで、おもしろいかどうかは判断できませんが、おもしろい試みが随所にありましたね。

 

また、個人的感想なんですが、主演の永野芽郁さんは、朝ドラ史上一番かわいい広いんじゃないでしょうか?

もちろん、個人的好みはありますが(笑)

朝ドラのヒロインって、朝ドラからオファーがある女優さんの場合と、オーディションで決まる場合がありますが、今回の『半分、青い。』では、オーディションで永野芽郁さんが選ばれました。

でも、これも個人的評価ですが、永野芽郁さんってカワイイだけじゃなく演技力もあります。

10代の女優の中で一番じゃないでしょうか?

だから、個人的には、今一番の注目女優の永野芽郁さんが朝ドラのヒロインに選ばれた、ってのは、永野芽郁さんの実力だと思います。

 

ヒロインは永野芽郁さんだし、脚本の北川悦吏子さんは何か新しいことにチャレンジしようとしてる雰囲気で、今回の朝ドラ『半分、青い。』は期待しかありません♪

また、2話以降も紹介していきたいと思います♪

 

1話の次は2話。

>>『半分・青い。』2話のあらすじ・感想

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください