半分、青い2話あらすじ感想と動画視聴方法(ネタバレ注意)

半分青い第2話あらすじ

2018年前期の朝ドラ『半分、青い。』2話のあらすじや感想、動画視聴方法をまとめてみました。

朝ドラ『半分、青い。』2話は、前回、ヒロイン鈴愛(永野芽郁さん)が誕生する前の話でしたね。

2話は、その続き。

 

『半分、青い』2話のあらすじや感想を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

ただ、感想も紹介しますので、ネタバレに感じるかも。

ネタバレを避けたい場合は、先に2話を見て下さいね。

2話を見逃した時の動画視聴方法も紹介しますので、そちらも参考にしてみてください♪

 

2話の動画を見る方法2選

朝ドラ『半分、青い。』の動画を見るには、おすすめの動画配信サービスが2つ。

それから3つの視聴方法があります。

ややこしいですね^_^;

順番に説明しますね。

 

おすすめ動画サービス

『半分、青い。』2話を動画視聴するには、2つの動画配信サービスがあります。

  • NHKオンデマンド
  • U-NEXT

の2つです。

といっても、どちらも同じ方法で『半分、青い。』を見ます。

じゃあ、何が違うかというと、NHKオンデマンドは、NHKで放送された番組しか見れません

U-NEXTの場合は、NHKだけじゃなく、他のテレビ局で放送されたドラマや番組、映画なんかも見れます

 

どちらで見るかは、『半分、青い。』しか見ない場合は、NHKオンデマンド。

NHK以外の動画も見たい場合は、U-NEXT。

っていう風に選ぶとわかりやすいです。

 

視聴方法3つ

NHKオンデマンドもU-NEXTも『半分、青い。』2話の視聴方法は変わりません。

違いは、他のドラマや映画なんかも見たいかどうか、だけですね。

で、2つの動画配信サービスの視聴方法は変わらないんですが、『半分、青い。』2話を見るには、3つの方法があります。

 

単話で見る

『半分、青い。』2話だけ見たい場合などに、単話でレンタル視聴する方法です。

1話・・・108円

まあ、朝ドラは、15分しかないんで1話ごとも安いですね。

こんなひとにおすすめ!
  • ほとんどテレビ視聴で見逃さない
  • 見逃しても週に1、2回程度

なんて人には、単話購入がおすすめです。

 

見逃し見放題パック(見逃し番組)

『半分、青い。』2話を見る方法の2つ目に、見逃し見放題パック(見逃し番組購入)があります。

呼び方が違うのは、NHKオンデマンドとU-NEXTでの違いだけで、内容は一緒です。

見逃し見放題パックは、見逃した番組を14日間を目安に動画配信されるサービスです。

見逃し見放題パックでは、『半分、青い。』のほか、NHKで放送された番組が見れます。

月額料金は、972円です。

こんなひとにおすすめ!
  • すぐに見たい!
  • 朝ドラは1回見ればイイ
  • 週に何回も見逃す

なんて人には、見逃し見放題パックがおすすめです。

 

特選見放題パック(特選ライブラリー)

『半分、青い。』2話を見る方法の3つ目は、特選見放題パック(特選ライブラリー)で見る方法です。

名前が2つあるのは、さっきと一緒で、U-NEXTの場合、特選見放題パック、NHKの場合、特選ライブラリーと呼び方が違うだけで内容は一緒です。

特選見放題パックの場合、見逃し見放題で配信期間が過ぎたものが動画配信されます。

見れる動画は、朝ドラはもちろん大河ドラマなどNHKで過去に放送された番組が動画配信されます。

月額料金は972円です。

こんな人におすすめ!
  • まとめて一気に見たい!
  • リアルタイムで見る時間がない
  • 何回も見たい!
  • 動画が見れるのが2週間後でもいい

なんて人には、特選見放題パックがおすすめです。

 

どれがおすすめ?

『半分、青い。』の動画視聴方法はいろいろあって迷いますよね^_^;

私も最初けっこう迷いました(^^ゞ

 

で、けっきょくどの方法がおすすめか?ですが、3つの視聴方法で解説したとおり、人によってそれぞれです。

  • 朝ドラしか見ないのか?
  • 大河ドラマも見るのか?
  • NHK以外の動画も見たいのか?

動画配信サービスを選ぶポイントは、

  • NHKの番組しか見ないのか?
  • それ以外のドラマや映画も見たいのか?

で選べばいいと思います。

 

3つの動画視聴方法からは、

  • あまりに見逃さないなら『単話購入
  • 見逃しがちだけど1回見ればイイなら『見逃し見放題パック
  • ゆっくり何度でも見たいなら『特選見放題パック

っていう基準で選べばいいと思います。

私個人は、NHK以外のドラマや映画も見るんでU-NEXTを利用しています。

 

U-NEXTを利用する時の補足

『半分、青い。』2話が見れる動画配信サービスは、NHKオンデマンドとU-NEXTがおすすめでしたが、月額料金がかかる見放題を選んだ場合、NHKオンデマンドは、972円だけですが、U-NEXTの場合、少し補足が必要です。

 

お得ポイント

U-NEXTの場合、新規登録で31日間の無料お試し期間があり、最初に600ポイントもらえます。

もらったポイントは1ポイント=1円なので、たまたま『半分、青い。』の2話を見逃した!って場合は、U-NEXTの無料期間を利用して、もらったポイントで2話を見れば、無料で見れることになります。

 

欠点ポイント

NHKオンデマンドの月額料金がわかりやすいのに比べて、U-NEXTの場合、ちょっとわかりにくい点があります。

U-NEXTの月額料金は1990円。

NHKオンデマンドに比べると、高く感じますね…。

ただ、U-NEXTは継続利用した場合、毎月1200ポイントがもらえます。

もらったポイントでNHKの見放題パックを購入することもできます。

それでもポイントが余るんで、あまったポイントを利用すれば、他に見たいドラマや映画なんかを見ることができます。

実質、790円で利用してるようなモンですね。

 

NHKの朝ドラや大河ドラマも見て、他のテレビ局のドラマや映画も見たい場合は、U-NEXTがお得です。

ただし、NHKの朝ドラや大河ドラマしか見ない、って場合は、NHKオンデマンドで見たほうがお得です。

U-NEXTの補足でした。

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドで見るならコチラ

 

『半分、青い。』2話のあらすじ

それでは、次に朝ドラ『半分、青い。』のあらすじを紹介します。

サブタイトル『生まれたい!』

 

分娩室

分娩室では、晴(松雪泰子さん)が、まだ陣痛で苦しんでいた。

女医の岡田喜美香(余貴美子さん)がへその緒がおなかの赤ちゃんの首に巻きついてるかもしれない、と旦那の宇太郎(滝藤賢一さん)に告げて。

お腹の鈴愛(永野芽郁さん)は、母親のお腹の中で調子に乗って騒ぎ過ぎたことを反省する。

なんと、晴は、15時間も陣痛に苦しんでいた。

 

女医の喜美香は、晴に帝王切開の可能性を示唆する。

晴は、帝王切開という言葉を聞いて、お腹に傷あとが残り、ビキニがキレなくなることを心配する…。

あきれる宇太郎。

お腹の鈴愛も自分のことよりお腹の傷を心配する母親にあきれる…。

 

病院のロビー

一方、病院のロビーでは、同じ妊婦で写真館を経営する萩尾家の妻・萩野和子(原田知世さん)が分娩の順番を待っていた。

看護師が前に分娩室に入った晴の出産が長引いている、と説明するが、分娩室に入ったのが楡野食堂の晴だと聞いて、心配する。

和子は、陣痛もまだなので、本を読みながら時間をつぶしていた。

和子は、看護師に本のおもしろさを伝えるが、看護師はオモシロさがわからず苦笑いするしかなかった。

看護師が立ち去り、読書の続きをする和子だったが、登場人物が外国人のため、登場した人物が誰だったか思い出せずにいた。

和子は、少し天然なところがある人物だった。

 

楡野食堂

その頃、楡野食堂では、仙吉(中村雅俊さん)が、電話で宇太郎と話をしていた。

電話がかかってきたのを見て、廉子(風吹ジュンさん)は、自分に変わるように合図するが、仙吉は電話を切ってしまった。

廉子は、なぜ電話を代わってくれないのか、と仙吉を責めるが、仙吉は10円玉がもうないから、と向こうから電話を切ったことを伝える。

そして、仙吉は廉子に宇太郎から聞いた話を伝える。

どうやら、帝王切開せずに自力で赤ん坊を生む計画だ、と。

廉子はそれを聞いて、おじいちゃんになる仙吉に似て、赤ん坊の頭が大きくないことを願う。

赤ん坊の頭が大きいと出産が大変だからだ。

仙吉は、廉子に頭を大きいことを強調されイラ立つ。

しかも、おじいちゃんと言われたこともショックだったのだ。

廉子は、孫が生まれるんだから、おじいちゃんだと説明するが、仙吉も負けておらず、廉子のことをおばあちゃんと連呼する。

仙吉の子供じみた抵抗にあきれる廉子。

 

お昼営業終了後

楡野食堂のお昼の営業が終わった。

まだ出産の連絡がないのに仙吉もさすがに心配する。

廉子は、出産に2日かかる人もいる、と気持ちを落ち着かせようとするが。

 

仙吉は、廉子が宇太郎を出産した時の話をし出す。

仙吉は、廉子が安産だったと思っていたが、廉子は実は安産じゃなかった、と話す。

しかも、出産のとき、仙吉は飲みに行っていて、宇太郎にあったのは出産から2日後のことだった、と仙吉を責める。

バツが悪くなった仙吉は蓮子の話を慌ててさえぎる。

さすがの廉子も晴の様子が心配になり、仙吉と2人で神棚の神様にお祈りを始める。

お祈りを始めた仙吉と廉子だったが、心配もピークになり、2人で病院に行くことにする。

 

ロビーの和子

その頃、病院では、晴の出産に看護師たちも大慌てだった。

しかし、ロビーで待機していた和子も陣痛が始まっていた。

何とか看護師を呼び止めようとするが、周りに人がいなくなってしまった…。

 

2話のあらすじパート2(ネタバレ注意)

ここからも『半分、青い。』2話のあらすじを紹介します。

ただ、ここからは、2話の後半になってきますので、ネタバレに感じるかもしれません。

ネタバレを見たくない人は、先に動画を見て下さいね。

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドで見るならコチラ

 

まだ終わらない出産

分娩室では、晴の出産が続いていた。

宇太郎がいなくなった分娩室で、喜美香は、女3人だけの戦いだ、と晴を励ます。

1971年当時、超音波検査などはなく、生まれてくる赤ちゃんが女の子だといったのは、喜美香の感だった。

そして、いよいよ赤ちゃんを生み出すため、気合を入れる晴と喜美香。

しかし、またしてもダメだった…。

 

病院に到着する仙吉たち

一方、店を閉めた仙吉と廉子が病院に到着する。

仙吉と廉子は、病院のロビーにいた和子にあいさつする。

そのまま、通り過ぎようとした仙吉たちだったが、和子が小さな声ながら必死に呼び止める。

 

一方、分娩室では、和子の産気を知らせを聞いた喜美香があわてる。

看護師は、ロビーをパーテーションで囲って、助産師の到着を待っている、と報告する。

喜美香も手が離せないので、任せるしかなかった。

騒ぎを聞いた晴は、あわてて分娩室を開けようと、弱った体で立ち上がろうとするが、慌てて喜美香が止める。

その時、表で赤ちゃんの泣き声が。

ホッとする喜美香たち。

今度は、晴も陣痛が来た。

気合を入れる喜美香。

 

誕生

分娩室の外で待っていた宇太郎、仙吉、廉子だったが、その時、分娩室の中から赤ちゃんの泣き声が聞こえてきた。

分娩室では、喜美香が元気な女の子だったと告げる。

はじめて赤ちゃんを見た晴は、お猿さんみたいだと心配する。

その後、宇太郎らが分娩室に入ってきて、赤ちゃんと対面する。

泣いて喜ぶ宇太郎。

 

新生児室

宇太郎や仙吉らと面会した鈴愛は、いったん新生児室へ。

そこには、先に生まれた萩野和子の赤ちゃんがいた。

初めて対面する男の赤ちゃんに鈴愛は、生まれたてなのに、私のようにサルではなかったことに驚く。

そして、男の赤ちゃんがいったい誰か?時になるようで…。

2話あらすじ終わり

 

2話の感想(ネタバレ注意)

それでは、ここからは、『半分、青い。』2話を見た私の感想を。

ただ、感想だけにネタバレに感じる部分も。

まだ『半分、青い。』2話を見てない場合は、おすすめした視聴方法で先に動画を見て下さいね。

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドで見るならコチラ

 

原田知世さん初登場

『半分、青い。』2話では、萩尾和子役で原田知世さんが初登場します。

子どもを産む若い女性役ですが、原田知世さん全然違和感ないですね♪

原田知世さんは、これで50歳っていうんですからビックリです!

松雪泰子さんももう45歳なんでビックリですが(笑)

 

あっ、『半分、青い。』のキャストのプロフィールとか知りたければ、他のページにまとめてありますので、よかったらご覧ください♪

『半分、青い。』キャスト一覧

 

原田知世さん演じる萩尾和子は、初登場からかなり天然なことがわかりましたね♪

役柄が原田知世さんにピッタリで、全然違和感ない。

2話のメインの話は、晴の出産だったんで、原田知世さんの出番は限られていましたが、原田知世さん演じる和子が今後どんな天然を見せてくれるか楽しみですね♪

なんか、和子の天然を見てるだけで朝から癒されそうです♪

 

余貴美子さんもなごむ

原田知世さんの天然演技も癒されますが、女医役の余貴美子さんの少し間抜けを装った演技もなごまされます。

間抜けというか、ちょっぴりギャグ調の演技ですね♪

余貴美子さんと言えば、怖い役もこなす女優さんなんで、どちらかというと怖いイメージですが、さすが演技派女優さん。

軽いタッチの岡田喜美香も何だかなごませてくれます♪

 

永野芽郁さんのナレーションもイイ♪

あと、朝ドラ初、ヒロインが胎児からのスタートとなった『半分、青い。』ですが、胎児時代の声を吹き込む永野芽郁さんもイイですね♪

見てる時代にあわせつつ、1971年ごろの時代背景もフォローする軽い感じのナレーション。

ナレーションで軽いタッチを描こうと思ったら、スベることがあるんですが、ナレーションの永野芽郁さんの声と、北川悦吏子さんの脚本で何とかスベることなく楽しい雰囲気を作り出してくれてます♪

 

まだ『半分、青い。』の2話目ですが、ハマる予感しかしてきません♪

とうとう鈴愛が生まれましたが、3話目からは子役が登場するんでしょうか?

ということは、永野芽郁さんのナレーションはしばらくお預け?

まあ、その辺は3話目のお楽しみということで♪

 

まとめ

朝ドラ『半分、青い。』2話のあらすじや感想、動画を視聴する方法を紹介しました。

『半分、青い。』2話目にしてやっと鈴愛が誕生しましたね♪

しかし、まだ赤ちゃん。

喋れない鈴愛に永野芽郁さんの声を当てるって斬新な演出も合っていて、2話目にして楽しい気分しか残らない気持ちのイイで出しです♪

たった15分の物語ですが、かなり密度の濃い内容でした。

 

また、2話を見逃した人のために動画を視聴する方法も紹介してみました。

あらすじや感想は、どうしてもネタバレに感じる部分もあるかもしれないので、読むなら2話を見てから読んでくださいね♪

1,2話を見逃した程度なら、U-NEXTで単話購入すれば、ポイントと無料期間で動画を無料で見れますんで、サクッと見ちゃってくださいね♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドで見るならコチラ

 

注意

『半分、青い』2話を見るのにおすすめした、U-NEXTの情報は、2018年4月3日時点のものです。

登録時に見放題サービスや動画配信が終わってることがありますから、契約する前に確認してください。

2話のあらすじを見たら、3話も。

>>『半分、青い。』3話のあらすじ・感想

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください