半分、青い4話あらすじ感想と動画視聴方法(ネタバレ注意)

半分青い第4話あらすじ

朝ドラ『半分、青い。』4話のあらすじや感想、まだ見てない人には動画視聴方法を紹介します。

『半分、青い。』も4話になって子役時代に入りましたね。

『半分、青い。』4話をまだ見てない人には、あらすじと動画視聴方法を。

もう見た人には、感想を紹介しますので、参考にして下さいね♪

 

4話の動画視聴方法

まず、まだ『半分、青い。』4話を見てない人のために、動画で視聴する方法を紹介します。

パソコンやスマホがあれば、4話を見逃したとしても、動画ですぐに視聴することができますよ♪

おすすめ方法

『半分、青い。』4話の動画を見るのにおすすめな方法は、

U-NEXT

で見る方法です。

 

U-NEXTは、動画配信サービスなんですが、いろんなドラマや映画が見れるのでおすすめです。

ただ、なかには、U-NEXTがおすすめじゃない人もいます。

『半分、青い。』の動画視聴方法は、3パターンありますので、参考にして下さい。

視聴方法1:単話視聴

『半分、青い。』4話を見る1つ目の方法は、単話で視聴する方法です。

『半分、青い。』を見逃したけど、普段はめったに見逃さない、って人向きですね。

1話216円で見れます。

視聴方法2:見逃し見放題パック

『半分、青い。』4話を見る2つ目の方法は、見逃し見放題パックで見る方法です。

見逃し見放題パックは、朝ドラの『半分、青い。』のほか、大河ドラマやNHKの番組が約14日間見放題で見れるパックです。

見逃し見放題パックがおすすめな人は、

  • 見逃したけどすぐに見たい人
  • 4話は1回見ればイイ人
  • よく見逃す人

なんかに向いてます。

見逃し見放題パックの料金は、972円です。

視聴方法3:特選見放題パック

『半分、青い。』4話を見る3つ目は、特選見放題パックで見る方法です。

特選見放題パックは、『半分、青い。』以外の朝ドラや大河ドラマや過去の大河ドラマが見れます。

ただ、特選見放題パックの場合、見逃し見放題で配信が終了した後に動画配信されますので、『半分、青い。』4話が見れるのは、放送から約2週間後になります。

月額料金は、972円です。

どれがおすすめ?

『半分、青い。』4話の動画を見るには3パターンありましたが、いろいろあってわかりにくいですよね?

3つの視聴方法でもおすすめする人の例を出しましたが、

  • あまり見逃さない人は『単話購入』
  • よく見逃すけどすぐ見たい人は『見逃し見放題パック』
  • まとめてみたい人は『特選見放題パック』
  • 過去のNHKドラマも見たい人も『特選見放題パック』

という基準で選んでみてください♪

U-NEXTの特徴は?

『半分、青い。』4話を見逃した時は、U-NEXTがおすすめだと紹介したんですが、U-NEXTの特徴も紹介しますね。

U-NEXTの場合、新規登録で31日間月額料金無料がつきます。

さらに、単話購入に必要なポイント、600ポイントがもらえます。

そんなに見逃さない人は、無料期間にポイントを使って4話を見れば実質無料で見れるワケです♪

 

ただ、見放題パックの場合は、継続したいですよね?

U-NEXTを継続利用した時は、月額1990円になります。

高く感じますが、継続利用すると毎月1200ポイントもらえます。

ポイントを使えば、見放題パックの月額料金972円もポイントで払うことができます。

余ったポイントを使えば、他のドラマや映画を見る時なんかにも使えます♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

 

こんな人にはおすすめしない

『半分、青い。』4話の動画を見るにはU-NEXTがおすすめだと紹介したんですが、おすすめしない人もいます。

それは、NHKしか見ない人です。

NHKしか見ない人は、NHKがやってるNHKオンデマンドのほうが、月額料金はパック料金だけで済むのでお得です。

U-NEXTがおすすめな人は、NHK以外のドラマや映画も見たい人です。

ご自分に合った視聴方法で『半分、青い。』を視聴して下さいね♪

NHKオンデマンドはこちら

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

 

『半分、青い。』4話のあらすじ

それでは、朝ドラ『半分、青い。』4話のあらすじを紹介します。

サブタイトル『生まれたい!(4)』

 

小学校

小学3年生になった鈴愛(矢崎由紗ちゃん)は、授業中、外の雀ばかり見ているので先生に怒られていた。

しかし、同級生のブッチャー(大竹悠義くん)に、鈴愛の相手はイイから授業を進めて、と鈴愛を無視するように言われた。

さらに、ブッチャーが鈴愛のことをからかったので、鈴愛は頭に来て、ブッチャーとケンカになってしまった…。

MEMO

ブッチャーって呼ばれてますが、本名は西園寺龍之介。

不動産屋(六角精児さん)の息子です。

子役キャストについてくわしく知りたい場合は、下のページをご覧ください。

>>『半分、青い。』子役キャスト詳細

楡野食堂

1980年。

楡野食堂は、鈴愛の名前を付ける時に仙吉が考えた『つくし』が名前として採用されなかったので、食堂の名前につける事になっていた。

そんなつくし食堂では、仙吉(中村雅俊さん)が、お客さんの注文を間違えて運んでしまった。

最近、注文の間違いが増えてきた仙吉を心配する宇太郎(滝藤賢一さん)と晴(松雪泰子さん)だった。

休憩がてら、畑に向かう仙吉。

祖母の廉子

仙吉が注文を間違えるようになったのは、歳のせいもあるが、妻の廉子(風吹ジュンさん)が亡くなってしまったせいもあった。

廉子は、1年前に亡くなってしまったのだ。

下校する鈴愛

一方、学校が終わった鈴愛は、畑仕事をする仙吉のところに立ち寄る。

鈴愛は仙吉からもらったキャベツを大事に抱え、帰宅するが、ランドセルと荷物を置くとすぐに遊びに飛び出していった。

家の中では、鈴愛の弟・草太(志水透哉くん)が友達とおやつを食べていた。

草太は、鈴愛が生まれた1年後に生まれていた。

 

下校後、すぐに遊びに飛び出した鈴愛は、同じ日に生まれた萩尾律(高村佳偉人くん)のところに向かっていた。

鈴愛は、律を部屋から呼び出すため、笛を吹いた。

律が部屋から顔を出すと、鈴愛は、律にピアノで『故郷』を弾いてくれるよう頼む。

鈴愛はそのお礼として、仙吉からもらったキャベツを渡す。

 

キャベツをもらった律は、鈴愛の注文通り、ピアノで『故郷』を弾く。

ピアノを弾き終わった律が鈴愛の様子を見ると、なぜか鈴愛が息を切らしていた。

律が訳を聞くと、鈴愛は踊っていた、という。

律が鈴愛の踊る姿を見たい、と言うが、鈴愛は断ってまた走って飛び出していった。

 

しかし、帰宅しようとする鈴愛を律の母親・和子(原田知世さん)が呼び止め、寄っていくように誘う。

鈴愛は、他の友達と約束があるから、と飛び出していきそうになるが、和子はおやつで鈴愛を引き留める。

おやつにつられた鈴愛は、律と一緒に萩野家でおやつを食べる。

 

和子は、ぜんそく気味で少し変わったところがある律を心配し、鈴愛と仲良くなってほしいのだ。

一緒におやつを食べた鈴愛と律。

律は例のものが完成した、と鈴愛を部屋に案内する。

 

4話あらすじパート2(ネタバレ注意)

このあとも、『半分、青い。』4話のあらすじを紹介します。

ただ、このあとは4話の後半部分になるんで、ネタバレに感じるかも。

まだ、4話を見てない人は先に動画を見て下さいね。

 

例のもの

律に誘われ律の部屋に行った鈴愛。

律の部屋には変わったものがいっぱいだった。

律は、鈴愛に変わったものの説明をし、将来はノーベル賞を取る、と宣言する。

 

一方、律が話していた例のものとは、長い糸電話だった。

なんと、紐の長さは100mもあるものだった。

糸電話を試す鈴愛と律

長い糸電話が完成した鈴愛と律は、さっそく川で試すことにする。

鈴愛たちが向かったのは、木曽川。

鈴愛が糸電話を川で試す目的は、まずは実験。

そのあと、廉子が亡くなって元気がない仙吉のために、三途の川でも話せる糸電話を作って仙吉と廉子が話ができるようにするためだった。

 

川についた鈴愛と律だったが、川幅も広く、流れも急なため、あきらめかける鈴愛。

しかし、律は助っ人を読んでおいた、と鈴愛に告げる。

助っ人に現れたのは、授業中にケンカした犬猿の仲のブッチャーだった…。

4話あらすじ終わり

 

4話の感想(ネタバレ注意)

それでは、次の『半分、青い。』4話を見た私の感想を。

ただ、感想だけにネタバレに感じるかもしれませんので、まだ4話を見てない人は先に4話を見て下さいね!

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

 

廉子がナレ死

『半分、青い。』は、まだ鈴愛の幼少期なんで、このまま幸せな幼少期が続くのかな?と思いきや、いきなり4話でおばあちゃんの廉子が死んでます!

しかもナレ死!

いくらなんでも早すぎるのでは!?

と思ってしまったのはわたしだけではないはず。

 

ただ、廉子の死も意味があるようで。

『半分、青い。』のナレーションは、1,2話、永野芽郁さん。

3話の冒頭が佐藤健さんだったんですが、4話以降はどうやら風吹ジュンさんが担当することになりそうです。

いきなり、4話で登場場面を奪われた風吹ジュンさんですが、ちゃんとナレーションとして活躍しそうです。

『ふぎょぎょっ』が初登場!

『半分、青い。』は、岐阜が舞台なんで、岐阜弁?が基本なんで、鈴愛が先生に叱られて「やってまった~」っていうのも、方言。

でも、律が、例のものが完成した、と言って、鈴愛が驚くシーンに出てくる、「ふぎょぎょっ」は、方言じゃなく、脚本家の北川悦吏子さんが考えた鈴愛のオリジナル言葉なんだそうです。

今回初登場した「ふぎょぎょっ」ですが、同じ朝ドラの『あまちゃん』で登場した『じぇじぇじぇっ』のように流行るんでしょうか?

初登場した『ふぎょぎょっ』にも今後注目です♪

嫌われるぞ、という関係

律の部屋で遊んでいた時、律が糸電話を完成させた時に、忙しい自分が子どもだましのものを、って嫌味を言った時、鈴愛が、感じ悪いぞ、嫌われるぞ、って言うシーン。

律は、気をつける、って反省するんですが、小学3年生ながら、ちゃんと忠告してくれる友人関係ってイイですね♪

律の母親・和子が、律は変わった子だから、と心配してる部分でもありますね。

知らずに友達を遠ざける発言をしてしまう律に、ズバズバものを言う鈴愛のような友達がいてくれたら、母親としても安心なんでしょうね。

なんてことないシーンでしたが、その裏にある鈴愛と律の関係や、和子の思いが詰まったエピソードだったと思います♪

テレビのカットは何?

鈴愛が律の家に行き、律を呼び出すために笛を吹くシーンがありますが、突然、テレビのワンシーンが入ってきますよね?

昔のテレビなんですが、『マグマ大使』のワンシーンです。

時代は、1980年ってことで知らない人が多いんじゃないでしょうか?

実際にテレビで放送されてた子供向け番組ですね。

『半分、青い。』では、まだ放送が始まったばかりですが、ちょいちょい実在したものが登場したり、ドラマだけの作り物が出てくるんで、戸惑いますが、4話のテレビは実在したものです♪

あっ、3話で和子が読んでた『バニーリバー最後の事件』は、実際には存在しません。

『半分、青い。』の中だけで存在する小説です。

 

まとめ

朝ドラ『半分、青い。』4話のあらすじ・感想と見逃した時の動画視聴方法をまとめてみました。

『半分、青い。』も4話目になって子役たちが登場しましたね。

主人公・鈴愛がどんな幼少期を過ごすのか?

今から楽しみです♪

もし、『半分、青い。』4話を見逃してたら、おすすめの動画視聴方法を紹介したんで、参考にしてみてくださいね♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

注意

『半分、青い』4話を見るのにおすすめした、U-NEXTの情報は、2018年4月5日時点のものです。

登録時に見放題サービスや動画配信が終わってることがありますから、契約する前に確認してください。

4話の次は5話。

>>『半分、青い。』5話のあらすじ・感想

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください