半分、青い6話あらすじ感想と動画視聴方法(ネタバレ注意)

半分青い第6話あらすじ

朝ドラ『半分、青い。』6話のあらすじや感想、まだ見てない人には動画視聴方法を紹介します。

『半分、青い。』6話は、糸電話は成功したけど、律(高村佳偉人くん)が川に落ちてしまった話の続きですね。

6話のあらすじや感想を紹介しますが、感想も紹介するので、ネタバレに感じてしまうかも。

 

まだ、『半分、青い。』6話を見てない人は、おすすめの動画視聴方法を紹介しますので、試してみてくださいね♪

動画視聴方法と言ってもスマホかパソコンがあれば、視聴できる方法なんでカンタンですよ♪

 

6話の動画視聴方法

それでは、最初に朝ドラ『半分、青い。』6話を見逃した人のために動画視聴方法から紹介しますね。

まだ6話を見てないのに、感想とか読んだらつまんないですもんね♪

 

おすすめ動画視聴法

朝ドラ『半分、青い。』6話を見逃した時のおすすめ動画視聴方法は、

U-NEXT

で見ることです。

 

U-NEXTなら、朝ドラの他にもいろんな動画が楽しめるんでおすすめです♪

ただ、NHKのドラマって視聴方法がちょっとややこしいんですよね…。

視聴方法を確認してから、『半分、青い。』6話を見て下さいね。

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

3つの視聴方法

『半分、青い。』6話を見るための視聴方法は、3つあります。

  • 単話で見る
  • 見逃し見放題パックで見る
  • 特選見放題パックで見る

『半分、青い。』の6話を見る方法には、3つあるんですが、見放題パックが2つもあってわかりにくいですよね?

順番に説明しますね。

単話で見る方法

まずは、単話で見る方法です。

見逃したのが、『半分、青い。』6話だけとかなら、単話で見るのがお得です。

あと、めったに見逃さない人も単話がお得ですね。

単話料金:216円

見逃し見放題パックで見る方法

次に、見逃し見放題パックで見る方法です。

見逃し見放題パックは、『半分、青い。』のほか、大河ドラマやNHKの番組で見逃したものがあれば、約14日間動画視聴されるサービスです。

『半分、青い。』6話も早くて当日、遅くて次の日には動画配信されるんで、すぐに見たい時なんかにおすすめです。

ただ、視聴期間を過ぎると、動画が見れなくなるので、『半分、青い。』6話を何回も見たい、って人にはおすすめできません。

月額料金:972円

特選見放題パック

次に、特選見放題パックです。

特選見放題パックは、『半分、青い。』のほか、過去に放送された朝ドラや、『西郷どん』など、放送中の大河ドラマから過去の大河ドラマまで見れます。

ただし、特選見放題パックで動画配信されるのは、見逃し見放題パックの視聴期間が終わってからなので、すぐに動画を見たい人にはおすすめできません。

『半分、青い。』も何度も見たい、一気に見たい、過去の朝ドラや大河ドラマを見たい、なんて人にはおすすめです。

月額料金:972円

どれがおすすめ?

『半分、青い。』6話を見るのに、3つの視聴方法があることを紹介しました。

でも、視聴方法が3つもあると、どの方法で見てイイか迷いますよね?

タイプ別にまとめてみますね。

  • 見逃した回数が少ないなら『単話購入
  • すぐに見たいなら『単話購入』・『見逃し見放題
  • 1回見れば十分なら『単話購入』・『見逃し見放題
  • 見逃した回数が多いなら『見逃し見放題』・『特選見放題
  • まとめてみたいなら『特選見放題

タイプ別におすすめの視聴方法をまとめてみました。

自分の視聴パターンに合わせて選んでくださいね♪

こんな人にはおすすめしない!

あと、『半分、青い。』6話の動画を見るのにU-NEXTがおすすめだと紹介したんですが、おすすめしない人もいます。

それは、NHKしか見ない人です。

NHKしか見ないと、U-NEXTで見る良さがありません。

朝ドラや大河ドラマしか見たくない人は、NHKオンデマンドのほうがお得です。

U-NEXTで見るか、NHKオンデマンドで見るかも自分の視聴パターンに合わせて選んでみてください♪

U-NEXTの特徴

あと、もう少しだけU-NEXTの特徴について紹介しておきますね。

U-NEXTは、新規登録で31日間の無料お試し期間があります。

これは、NHKオンデマンドにはありません。

また、U-NEXTで新規登録した場合、600ポイント(600円相当)がもらえます。

もらったポイントを使えば、単話購入で必要な216円をポイントを使って見ることができます。

 

あと、U-NEXTは、月額料金が1990円と高めなんですが、毎月1200ポイントがもらえます。

『半分、青い。』を見放題パックで見たい場合、ポイントを使って月額料金の972円を払うことができます。

余ったポイントを使えば、他のドラマや映画なんかを視聴することもできます♪

月額料金も高く感じるかもしれませんが、1200円相当のポイントがもらえるんで、実質790円で利用してるようなものですね。

あとは、NHKオンデマンドで見るか、U-NEXTで見るかは、視聴パターンで決めて下さい。

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

注意

『半分、青い。』6話を見るのにおすすめしたU-NEXTですが、2018年4月7日時点の情報です。登録した時に見放題が終わっていたり、動画配信が終わってる場合がありますので、契約前に配信されているか確認してください。

『半分、青い。』6話のあらすじ

それでは、ここから朝ドラ『半分、青い。』6話のあらすじを紹介します。

サブタイトル『生まれたい(6)』

 

律の家に向かう鈴愛たち

川を渡っての糸電話に成功した鈴愛(矢崎由紗ちゃん)たちだったが、虫に驚いた鈴愛が糸電話の意図を引っ張ってしまったことで、律(高村佳偉人くん)が川に落ちてしまった。

律はぜんそく持ちなため、鈴愛が律をおぶって大急ぎで律の家に向かう。

しかし、鈴愛は急ぎ過ぎて、途中で律を背負いながら転んでしまった…。

律の家

何とか律の家に辿り着いた鈴愛たち。

律の母親・和子(原田知世さん)は、転んで足を擦りむいた鈴愛の手当てをしてあげる。

鈴愛の手当てが終わった和子は、律に向かい、怒りはじめる。

律はぜんそくだったが、医者からは水泳をやらせたほうがいい、と言われるくらいで、川に落ちても平気なはずだったからだ。

それを鈴愛に背負わせて家まで連れてきたことを怒っているのだ。

律は、盛り上がってるみたいだから…、と言い訳するが、その言葉を聞いて和子はさらに怒り、律に手を上げようとする。

その時、鈴愛があわてて和子を止めに入る。

鈴愛は律をかばうが、和子は、やってはいけないことがある、と律のお尻を叩く。

そして、和子は、鈴愛たちの糸電話を危ない遊びに使うから、と没収してしまう。

仙吉と廉子を三途の川を渡って糸電話で話させてあげたい鈴愛は残念がる。

和子は、律をお風呂に入れさせ、鈴愛たちにはお絵かき用の紙を鈴愛たちに渡す。

 

和子からもらった紙でお絵かきを始める鈴愛、ブッチャー(大竹悠義くん)、菜生(西澤愛菜ちゃん)たち。

ブッチャーは、鈴愛の絵のウマさに驚くが、鈴愛が描いていた『あしたのジョー』や『マグマ大使』が誰かわからない。

鈴愛が詳しく説明してマグマ大使の笛のマネをしてあげるが、ブッチャー達にはさっぱりわからない。

ブッチャー達にもマグマ大使やあしたのジョーは古すぎるのだ。

鈴愛は、父・宇太郎の影響だと話す。

宇太郎が経営する食堂では、手塚治虫やちばてつやのマンガがそろっているのだ。

そして、お絵かきを続ける鈴愛たち。

病院

一方、岡田医院では、仙吉がキミカ先生の診察を受けていた。

自転車に乗っていて、道にカエルがいたことで、それを避けた時に自転車から転げ落ち、腕をケガしたからだ。

キミカ先生の診察では骨は折れてないから、打撲だろう、言われ安心する仙吉と付添いの晴。

仙吉が病室を出た後、キミカ先生は晴に話しかける。

禁煙していた仙吉がたばこを買いに行こうとして、カエルを見て転んだのは、カエルに助けられたのでは?と言う。

しかも、カエルは廉子さんかもね、とからかう。

 

6話あらすじパート2(ネタバレ注意)

ここからも『半分、青い。』6話のあらすじを紹介しますが、物語後半なのでネタバレに感じるかも。

まだ6話を見てない人は、先に動画で6話を見て下さいね。

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

その日の夜

みんな寝静まっているころ、鈴愛は自分の布団から抜け出し、母・晴の布団にもぐりこんだ。

怖い夢を見た、と言うのだ。

鈴愛はトイレの夢を見た、と言うので、晴はおねしょをしたのでは!?と心配するが、鈴愛はおねしょはもうしない、と安心させる。

そして、今日の出来事、糸電話で遊んだことを話す。

晴も鈴愛がまだお腹の中にいた時、鈴愛と糸電話したことを話す。

鈴愛はもちろん覚えていない。

晴は自分の腎臓が悪かったこともあり、鈴愛が無事に生まれてくるか、出産のときもへその緒が二重巻で生まれてこない危険性もあったことを鈴愛に話す。

でも、無事に生まれてきてくれたことを思い出し、泣きだしてしまう。

泣きだした晴を励ますように鈴愛は晴に抱き着く。

鈴愛と晴がはしゃぎだし、宇太郎も混ざってはしゃぎだす。

宇太郎も起きていて、鈴愛と晴の話を聞いていたのだ。

次の日の朝

楡野家では朝食の時間だった。

その時、鈴愛は、昨日、糸電話で遊んだ時、律が川に落ちたことを話す。

晴は、そんな大事なことをなぜもっと早く話さないのか、と鈴愛をしかるが、その時、律の母親・和子が楡野家を訪ねてきた。

朝から訪ねてきた和子は、怒って訪ねてきた、と思った楡野家。

仙吉が行こうとするが、晴は、宇太郎に行かせようとする。

しかし、宇太郎も食事中を言い訳に行こうとしない。

晴がしょうがなく和子を出迎えることにする。

 

玄関の扉を開けた晴。

玄関先には笑顔で立っている和子がいた…。

第6話あらすじ終わり

 

6話の感想(ネタバレ注意)

ここからは、『半分、青い。』6話を見た私の感想を紹介しますね。

感想だけに、ネタバレに感じるかもしれませんので、まだ見てない人は先に6話を見て下さいね!

鈴愛がマグマ大使を知ってるわけ

『半分、青い。』では、ヒロインの鈴愛(矢崎由紗ちゃん)が、『あしたのジョー』や『マグマ大使』を知ってましたが、1971年生まれの鈴愛でも、ちょっと年代が古い気がしていましたが、その理由が6話で語られましたね。

どう考えても1960年代生まれ世代が知ってるような『マグマ大使』を知っていた理由は、父親の影響でした。

ネットでは、けっこう、年代が合わないのでは?と騒がれていましたが、6話で謎が解けましたね。

同い年のブッチャーや菜生も知らなかったので、時代考証が間違ってたわけではありませんでした。

絵が絶妙にうまい

『半分、青い。』では、鈴愛の描いた絵が出てきますが、絶妙にうまくないですか?

鈴愛は小学3年生と言う設定です。

小学3年生が描く絵にしてはウマすぎます。

ただ、絵自体がウマいかと言うと、そうでもない。

ちょうど小学3年生の鈴愛が描くからうまい、と思わせる絶妙なウマさ加減とヘタさ加減です(笑)

鈴愛が描く絵は5話でも登場しましたが、スタッフさんのバランス感覚の素晴らしさですね♪

和子来襲!?

『半分、青い。』6話の最後に、和子(原田知世さん)が楡野家を来襲します。

楡野家では、まだ食事中ってことですから、ホントに朝早い話でしょう。

ということは、よっぽど和子が怒っているのか!?

普通にいったら、迷惑な時間帯ですよね、朝の食事する時間なんて。

ただ事ではない和子の訪問。

『半分、青い。』は朝ドラらしくなく、朝から和子と晴のバトルが勃発するのか!?

答えは、来週の第7話に持ち越しです♪

子役が2週?

朝ドラは、だいたい第1週で子役時代が終わりますが、『半分、青い。』では、次週も続きそうですね。

っていうか、鈴愛が子供時代に起こる大事な出来事がまだ語られていません。

いや、第1話で鈴愛(永野芽郁さん)が自分で語っていたことですが、小学3年の時に左耳が聞こえなくなるんですが、そのエピソードが語られていない。

ということは、第2週も子役時代があるでしょう。

予告でもまだ子役が出てましたし。

左耳が聞こえなくなる時のエピソードを入れないと、なんのために小学3年の鈴愛を描いているのかわかりませんからね。

 

何はともあれ、朝ドラのこれまでのルールを壊そうとしている脚本家の北川悦吏子さん。

まあ、普通に考えれば、第1週で必ず子役時代を終わらせなきゃいけない、ってのもおかしな話ですが…。

新しいことに挑戦している北川悦吏子さんの脚本にも今後注目ですね♪

 

まとめ

朝ドラ『半分、青い。』6話のあらすじと感想、動画視聴方法をまとめてみました。

『半分、青い。』6話の感想も書いたので、ネタバレに感じてしまうかも。

まだ見てない人は、紹介した動画視聴方法を試してみてくださいね♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

6話の次は、第2週7話。

>>次ページ・7話のあらすじ・感想

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください