半分、青い22話(第4週)動画視聴法&あらすじ感想

半分青い22話あらすじ動画

朝ドラ『半分、青い。』22話のあらすじや感想、動画視聴方法を紹介します。

『半分、青い。』22話のあらすじの他、感想も紹介するので、ネタバレに感じるかも。

もし、まだ見てない場合はおすすめの動画視聴方法を紹介するんで、参考にして下さいね♪

半分青い22話の動画視聴方法

それでは、まず最初に朝ドラ『半分、青い。』22話(第4週)を見逃した人のために動画を視聴する方法を紹介しますね。

『半分、青い。』22話の動画を視聴するには、2種類の方法があります。

おすすめ方法その1

『半分、青い。』22話の動画を見るのにおすすめ1つ目は、

U-NEXT

で見ることです。

U-NEXTは、『半分、青い。』などNHKのドラマはもちろん、それい以外のテレビ局のドラマや映画も見れて、種類も豊富なんでおすすめですよ♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

 

 

おすすめなワケ

U-NEXTで『半分、青い。』22話の動画を見るのをおすすめするポイントをいくつか紹介しますね。

31日間月額料無料

まず、U-NEXTのおすすめポイントは、新規登録だと最初の31日間月額料金が無料になります。

月額料金がかからないんで、『半分、青い。』22話を見る料金しかかかりません。

ポイントがもらえる

U-NEXTのおすすめポイントその2は、ポイントがもらえることです。

U-NEXTでは、最初の登録で600ポイントがもらえます。

もらったポイントは、動画を見る時に使います。

『半分、青い。』22話を見る時に必要なポイントは216ポイント

『半分青い』22話だけ見たい場合は、もらったポイントを使えばお得に見ることができます。

毎月ポイントがもらえる

U-NEXTは、継続利用した時にもポイントがもらえます。

毎月もらえるポイントは1200ポイント

『半分、青い。』以外の1時間ドラマを見るのに必要なポイントは、324ポイント。

映画だと540ポイント。

毎月もらえるポイントでけっこう他のドラマや映画が見れます♪

月額料金は、1990円ですが、1200ポイントももらえるので、実質790円のようなものです♪

おすすめ方法その2

『半分、青い。』22話を見るのにおすすめな方法その2は、

NHKオンデマンド

です。

NHKオンデマンドは、NHKがやってる動画配信サービスです。

NHKオンデマンドは、とくにお得ポイントはないんですが、『半分、青い。』や大河ドラマなどNHKしか見ない、って人は、U-NEXTだと割高になっちゃうんでNHKオンデマンドがおすすめです。

NHKオンデマンドはこちら

 

3つの視聴方法に注意!

『半分、青い。』22話の動画を見るのに、おすすめな2つの方法を紹介しました。

ただ、『半分、青い。』の動画を見るには、注意点があります。

それは、

視聴方法が3つある

と言うことです。

『半分、青い。』22話を見るには、U-NEXTでもNHKと同じ3つの方法から視聴します。

視聴方法が3つもあるんで、契約を間違えると、見たい時に動画が見れない契約になっちゃうんで、3つの視聴方法を確認してから契約して下さいね。

3つの視聴方法には、

  • 単話購入
  • 見逃し見放題パック
  • 特選見放題パック
の3種類があります。

U-NEXTとNHKオンデマンドは、呼び方は違っても同じ方法です。

単話購入

単話購入は、1話ごとに購入して視聴する方法です。

見逃した回が少なかったら、単話購入がおすすめです。

見逃し見放題パック

見逃し見放題パックは、NHKで放送されてる朝ドラや大河ドラマなどが約14日間限定で動画配信されるパックです。

『半分、青い。』も22話だけじゃなく、1週間分まとめて見たいって人にはおすすめです。

ただし、配信期間が最大14日間なんで何度も見たい、って人には向きません。

特選見放題パック

特選見放題パックもNHKの朝ドラや大河ドラマなどいろんな番組が見れる上、過去の朝ドラや大河ドラマなんかも見れます。

何回も『半分青い』を見たい、って人向けですね。

ただし、特選見放題パックで『半分青い』を見る場合、動画配信が見逃し見放題パックの動画配信が終わってからの14日後になりますので、今すぐ見たい、って人には向きません。

 

『半分、青い。』22話を見る3つの視聴方法を紹介しました。

U-NEXTでも、単話購入以外、NHKオンデマンドの見放題パックを購入する形になります。

それぞれ自分の好みに合わせて視聴して下さいね♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

注意

『半分、青い。』22話の動画を見るのに紹介したU-NEXTとNHKオンデマンドの情報は、2018年4月26日時点のものです。登録する時期により、見放題が終わっていたり、動画配信が終わってる場合もありますので、確認してから契約するようにして下さい。

スポンサーリンク




『半分青い』22話のあらすじ

それでは、ここからは、『半分、青い。』22話(第4週)のあらすじを紹介します。

夢みたい!(4)

 

鈴愛の部屋

鈴愛(永野芽郁さん)は、律(佐藤健さん)にすすめられてマンガを描くことにした。

秋風羽織のマンガを参考に書いていたが、マンガを描く技術を知らない鈴愛はかなり要領の悪い方法で描いていた…。

萩尾家

萩尾家では、律の父親・弥一が仕事で写真を撮っていた。

しかし、そこへ和子(原田知世さん)が、律の模試結果を見せに来る。

律の模試結果は、東大合格率E判定。

東大合格は絶望的、ということを意味していた。

模試結果は、律の机の上に置いてあったことから、弥一は、律からの東大合格はムリ、というメッセージだと受け取る。

しかし、和子は、律が将来ノーベル賞を取るものだと思っていたのに、東大ごときで夢が途絶えるなんて信じられなかった…。

弥一は、呆れるが…。

オフィス・ティンカーベル

その頃、東京では、秋風羽織(豊川悦司さん)の事務所ティンカーベルに編集者が訪ねてきていた。

編集者は、今度のマンガのタイトルの変更のお願いに来ていたのだ。

秋風羽織は聞き流すが、編集者が編集部の意向だ、と伝えると、マネージャーの菱本若菜(井川遥さん)に、編集長に電話させる。

電話を代わった秋風羽織は、編集長に次から別の出版社で書く、とだけ告げ電話を切る。

編集者は、慌てるが、菱本に帰るよう促され出ていく…。

秋風羽織本人は、マンガの世界とは違い、かなり偏屈な人物だった。

22話あらすじパート2(ネタバレ注意)

このあとも『半分、青い。』22話のあらすじを紹介しますが、後半に入ってくるので、まだ見てない人は先に動画を見て下さいね。

喫茶ともしび

律は、1人で喫茶ともしびにいた。

ブッチャーを待っていたのだ。

律は、お好み焼きを食べながら、ブッチャーに京大に変更する、と伝える。

律は、東大はムリだ、と現実を伝える。

すると、ブッチャーは、律にあわせて自分も京都の大学に行く、と言いだす。

律は、カンタンに志望校を変えて大丈夫か心配するが、ブッチャーは大丈夫じゃないが、律と一緒にいることが一番大事、と気持ちを伝える。

鈴愛の部屋

一方、鈴愛はみんなが寝る時間になってもマンガを描いていた。

遅くまで電気がついている鈴愛の部屋の様子を見る宇太郎(滝藤賢一さん)は、そのことを晴(松雪泰子さん)に報告する。

晴は、鈴愛が仙吉の口利きで農協に無事就職できたことを喜んでいた。

しかし、晴は、それと同時に左耳が聞こえない鈴愛の将来を心配していた。

すると、宇太郎は、鈴愛は見合いは難しいかもしれないが、美人だからほっとかれない、と晴を安心させる。

徹夜

鈴愛は夜通し漫画を描いて、そして完成させた。

鈴愛は、急いで律に完成させたマンガを見せに行く。

そして、いつもの笛を吹いて律を呼び出す。

律は机の上で寝ていたが、笛で起こされた。

時間は、朝の5時半だった。

鈴愛の笛でたたき起こされた律だったが、鈴愛の顔を見ると、眠さからその場に座って寝てしまった…。

22話あらすじ終わり

スポンサーリンク




『半分青い』22話の感想(ネタバレ注意)

ここからは、朝ドラ『半分、青い。』22話を見た感想を紹介します。

感想だけにネタバレ要素があるかもしれませんので、まだ22話を見てない人は、紹介した視聴方法で読む前に22話を見て下さいね。

私の感想

それでは、先に私の感想を紹介します。

就職合格の裏事情

前回の『半分、青い。』で、農協に就職が決まった鈴愛(永野芽郁さん)。

でも、その裏では、仙吉(中村雅俊さん)の農協の人へのお願いがあったんですね。

鈴愛はそのことを知ってるんでしょうか?

就職が決まったことはうれしいことですが、そのことを知った鈴愛はどう思うか、ちょっと心配になりました…。

性根が腐ってる!?

鈴愛の憧れとなった秋風羽織。

前回も登場しましたが、かなりの変わり者ですね。

22話では、さらにとんでもない性格だということがわかりました。

編集者からタイトルにケチをつけられただけで、なんの話し合いもせず、いきなり連載を打ち切って別の出版社で連載するなんて…。

ナレーションでは風吹ジュンさんに、性根が腐ってる、とまで言われてましたね(笑)

性根が腐ってる、は言い過ぎだとしても、かなりの変人なのがわかります。

はたして、鈴愛はこの変人とどうかかわっていくのか、今後に期待です♪

鈴愛の夢

『半分、青い。』22話で、鈴愛はとうとう漫画を描きだしましたね。

これが鈴愛の夢になるんでしょうか?

いえ、なるんでしょう♪

しかし、徹夜してまでマンガを完成させる情熱ってすごいですね。

しかも、スクリーントーンを使わず、手書きで点を描いていく、ってどんな根性やねん!って感じですね(笑)

この辺で、秋風羽織と絡んでいきそうですね♪

でも、仙吉も口をきいてくれた農協への就職はどうなるんだろう?

ちょっと心配も出てきましたね。

鈴愛のマンガ

『半分、青い。』22話で鈴愛が描いてるマンガは、もちろん永野芽郁さんが描いてるんじゃありません♪

マンガを描いてるのは、

なかはらももたさん

という漫画家さんです。

なかはらももたさんは、朝ドラ『マッサン』のマンガ版も手掛けています。

鈴愛が描いた漫画は素人っぽさが出るように書いてますが、実際はもっと絵がお上手ですよ♪

ヘタに描くって逆に難しいのでは?って思っちゃいます♪

なかはらももた先生はツイッターもやられてるんで、興味のある方はどうぞ♪

みんなの感想

まとめ

朝ドラ『半分、青い。』22話のあらすじや感想、動画視聴方法をまとめてみました。

『半分、青い。』22話は、鈴愛がとうとう漫画を描きだしましたね。

このあと、どう豊川悦司さんと絡むのか楽しみです♪

あと、22話をまだ見てない人は、おすすめの動画視聴方法を紹介したんで、ぜひ見て下さいね♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

スポンサーリンク




 

次ページ・『半分青い』23話あらすじ・感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください