半分、青い23話(第4週)動画視聴法&あらすじ感想

半分青い23話あらすじ動画

朝ドラ『半分、青い。』23話(第4週)のあらすじや感想、動画視聴方法を紹介します。

『半分、青い。』23話は、鈴愛(永野芽郁さん)がマンガを描き始めた話の続きですね。

23話のあらすじの他、感想も紹介しますので、ネタバレに感じるかもしれません。

まだ23話を見てない人は、おすすめの動画視聴方法を紹介しますので、参考にしてみてください♪

『半分青い』23話の動画を見る方法

まずはじめに、『半分、青い。』23話を見逃した時の動画視聴方法を紹介します。

おすすめ方法は2つありますので、順番に紹介しますね。

おすすめ方法その1

『半分、青い。』23話の動画を見るのにおすすめ1つ目は、

U-NEXT

で見ることです。

 

U-NEXTは、『半分青い』以外のNHKのドラマも見れますし、他のテレビ局のドラマや映画なんかも見れるんで、いろんな動画を見たい時におすすめです♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

 

 

おすすめなワケ

『半分青い』23話の動画を見るのに、U-NEXTをおすすめしましたが、なぜおすすめかわかりませんよね?

ということで、おすすめするワケを解説します♪

31日間月額料無料

U-NEXTは、新規登録で最初の31日間月額料金が無料になります。

月額料金がかからないんで、『半分、青い。』23話を見る料金しかかかりません。

ポイントがもらえる

U-NEXTのおすすめポイントその2は、ポイントがもらえることです。

U-NEXTでは、最初の登録でも600ポイントがもらえます。

もらったポイントで『半分青い』23話の動画を見ることができます。

『半分、青い。』23話の動画を見るのに必要なのは216ポイント

もらったポイントで23話を見ることができます♪

毎月ポイントがもらえる

U-NEXTは、継続利用した時にもポイントがもらえます。

毎月もらえるポイントは1200ポイント

1200ポイントあれば、『半分、青い。』も6話分見ることができます。

他にも、いろんなテレビ局のドラマや映画が見れますよ♪

月額料金は、1990円ですが、1200ポイントももらえるので、実質790円で利用してるようなものです♪

おまけにあとで説明しますが、『半分青い』を見るための見放題パック料金もポイントで支払うことができます。

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

おすすめ方法その2

『半分、青い。』23話を見るのにおすすめな方法その2は、

NHKオンデマンド

です。

NHKオンデマンドは、NHKがやってる動画配信サービスです。

NHKオンデマンドは、月額料金無料とかポイントといったサービスはないんですが、NHKのドラマしか興味がない、って場合は、NHKオンデマンドのほうがお得です♪

NHKオンデマンド公式サイトはこちら

 

視聴方法は3つあり!

『半分、青い。』23話の動画を見るのに、おすすめな2つの方法を紹介しました。

2つのサービスを紹介しましたが、まだ見るのは待ってください!

U-NEXT、NHKオンデマンドとも『半分、青い。』を見るには3つの方法があるんです。

3つの方法を間違えると、見たい時に『半分、青い』が見れない事態になっちゃうので、このあとを読んでから動画視聴して下さいね!!

 

3つの視聴方法には、

  • 単話購入
  • 見逃し見放題パック
  • 特選見放題パック
の3種類があります。

U-NEXTとNHKオンデマンドは、呼び方は違っても同じ方法です。

単話購入

単話購入は、1話ごとに購入して視聴する方法です。

見逃した回が少なかったら、単話購入がおすすめです。

単話購入の価格は216円です。

見逃し見放題パック

見逃し見放題パックは、NHKで放送されてる朝ドラや大河ドラマなどが約14日間限定で動画配信されるパックです。

約2週間動画配信されてますので、週末にまとめてみたい時なんかにはおすすめです。

ただし、配信期間が最大14日間なんで何度も見たい、って人には向きません。

月額料金は、972円です。

特選見放題パック

特選見放題パックもNHKの朝ドラや大河ドラマなどいろんな番組が見れるですが、特選見放題パックの場合、過去の朝ドラや大河ドラマが見れます。

『半分、青い。』の過去に放送された分も動画配信されます。

ただし、特選見放題パックで『半分青い』を見る場合、動画配信が見逃し見放題パックの動画配信が終わってからの14日後になりますので、当日みたい、とか、その週末にまとめてみたい、って場合は不向きです。

月額料金は、972円です。

 

『半分、青い。』23話を見るための3つの視聴方法を紹介しました。

U-NEXTでも、単話購入以外、NHKオンデマンドの見放題パックを購入する形になります。

それぞれ自分の好みに合わせて視聴して下さいね♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

注意

『半分、青い。』23話の動画を見るのに紹介したU-NEXTとNHKオンデマンドの情報は、2018年4月27日時点のものです。登録する時期により、見放題が終わっていたり、動画配信が終わってる場合もありますので、確認してから契約するようにして下さい。

スポンサーリンク




『半分青い』23話のあらすじ

それでは、ここからは『半分、青い。』23話のあらすじを紹介します。

夢みたい(5)

 

律の家

鈴愛(永野芽郁さん)は、律の家に来ていた。

徹夜でかきあげたマンガを律に見せるためだ。

いつもの笛を吹くと、律はいったん顔を出したが、そのまままた寝てしまった。

何せ時間は朝の5時半。

大声で律を呼んでいると、律の母親・和子(原田知世さん)が鈴愛のところに近づいてきた。

鈴愛は和子を起こしてしまったか心配したが、和子は早起きだから起きてた、と言う。

しかし、朝早くから来た鈴愛に何の用か尋ねる。

鈴愛は、律に見せるつもりのマンガを和子にも報告する。

リビング

和子は、鈴愛を家に向かいいれた。

世間話を始める和子と鈴愛。

和子は、律を最初、ベートーベンにするつもりだった、と言い、次に、村上春樹に、そして、次はエジソンにさせて、ノーベル賞を取らせるつもりだったと話す。

その時、弥一(谷原章介さん)も起きてきた。

鈴愛は、和子の話を聞いて、律がカンタンにノーベル賞を取れるような気がしてきた、と和子に話す。

弥一も、朝早くに鈴愛が訪ねてきたわけを聞いたが、最初に読むのは律では?と鈴愛が持ってきたマンガを読むのをやめる。

律の部屋

すると、和子は、律を無理やり起こしだした。

鈴愛のマンガを読ませるためだ。

何とか律が起き出したが、今日が平日ななので、時間が大丈夫か心配しだす。

 

その頃、楡野家でも、鈴愛を起こしに草太が鈴愛の部屋までやってきた。

しかし部屋はもぬけの殻で…。

一方、鈴愛も、学校に行く時間なのを思い出して、律からマンガを奪い取り、大急ぎで家に帰っていった。

ティンカーベル

東京の秋風羽織の事務所・ティンカーベルでは、散英社ガーベラ編集部の編集長・北野が担当編集者・マナベと謝りに来ていた。

タイトルにケチをつけたことで、秋風羽織が出版社を変えると言い出したからだ。

北野編集長は、アンティークのメトロノームを手土産に持ってくるが、秋風羽織は断る。

ただ、担当編集者は、クビだ、と伝える。

編集長はもちろん了承し、次もガーベラで描いてもらえるか、お伺いを立てる。

すると、秋風羽織は、全国でトークショーをやりたいから準備してくれ、と要求する。

今まで一切プライベートを明かしてこなかった心境の変化を編集長が訪ねると、秋風羽織は、自分の読者に会ってみたくなった、と言いだす。

スポンサーリンク




23話あらすじパート2(ネタバレ注意)

ここからも『半分青い』23話のあらすじを紹介しますが、23話の後半になってきますので、ネタバレに感じるかも。

これ以上のあらすじを知りたくない場合は、飛ばして読むか、先に動画を見て下さい。

喫茶ともしび

放課後、鈴愛たちは喫茶ともしびに集まっていた。

鈴愛は、自分が描いた漫画をみんなに見せていた。

律は、自分が一番に見るんじゃなかったのか、とすねるが、鈴愛は、弥一に言われたから何となく、と答える。

すると、菜生(奈緒さん)が、鈴愛が律のところに一番に持っていったのは、早朝早くに起こしても文句を言わない人が律だっただけ、と代わりに説明する。

図星だった鈴愛は、お好み焼きをおごる、とフォローする…。

楡野家

楡野家でも、鈴愛は自分が描いた漫画をみんなに見せていた。

宇太郎(滝藤賢一さん)は、自分のマンガ教育のおかげだ、と喜ぶ。

その時、律から電話が入る。

鈴愛は、さっき会ったばかりの律からの電話を不思議がる。

律は、志望校を東大から京大に変えたことを鈴愛に直接報告したかったのだ。

しかし、鈴愛は、すでにブッチャーから聞いて知っていた。

しかも、鈴愛には東大と京大の違いもよくわからない。

鈴愛は、さらに菜生がラブレターをもらった西高の生徒とすでに別れたことを話し始めるが、話が長くなりそうだと感じた律は電話を切ろうとする。

そして、自分が東大に行くことを夢に見ていた和子に、そのことを話すための景気づけだったことを鈴愛に言って電話を切る律だった。

萩野家リビング

鈴愛と電話を切った後、律は、和子と弥一に志望大学変更のことを伝える。

弥一は、気にしない様子だが、和子はショックを受けていた。

その様子を見た律は、京大のノーベル賞受賞者が東大のノーベル賞受賞者より多いことを和子に説明する。

すると、和子は急に喜びだす。

ノーベル賞受賞者の比較は、鈴愛が内緒で図書館で調べて、電話で律に教えたのだった。

鈴愛の部屋

鈴愛は、新しい漫画を描いていた。

そして、また徹夜して新しい漫画を完成させた。

律の家

鈴愛は、また一番に律にマンガを見せるために、朝一番で律の家に来ていた。

時間は朝の4時半。

前回より、さらに早い時間にたたき起こしていた…。

23話あらすじ終わり

『半分青い』23話の感想

それでは、次に『半分青い』23話を見た私の感想を紹介します。

菜生の結末

鈴愛(永野芽郁さん)たちの最後の夏休み。

鈴愛は、マンガを読んで過ごして、律とブッチャーは、受験勉強でしたね。

ただ、菜生だけは彼氏がいたはず。

夏休みはどうやって過ごしたのかな?

と思ってたら、もうフラれてたんですね(笑)

まあ、朝ドラに登場する高校生が、イケイケだと引きますからね(笑)

少女漫画っぽくていいんじゃないでしょうか(笑)

表に出てくる!?

秋風羽織は、鈴愛たちも顔を知らない謎の人物でしたが、23話では、顔出しする方向に話が進んでましたね。

ただ、鈴愛や律は、実際の秋風羽織を見て、幻滅しないんでしょうか(笑)

そして、とうとう鈴愛と秋風羽織が接点を持つのか、も注目ですね。

もう夫婦!?

律が、東大に受かりそうにないから志望校を京大に変えましたが、問題は和子に話すことでしたね。

それをさっして、鈴愛が先回りして東大と京大のノーベル賞受賞者を調べてた、なんて、すでに夫婦みたいですね(笑)

まあ、友達のために何かやってあげる、って感覚でしょうが。

そんないい子の鈴愛には、ちゃんと律とくっついてほしいですね♪

まとめ

朝ドラ『半分青い』23話のあらすじや感想、動画視聴方法を紹介しました。

おすすめの動画視聴方法は、

  • U-NEXT
  • NHKオンデマンド
でしたね。

U-NEXTの場合、単話で23話を見る以外、見放題パックで買うと、どのみちNHKの見放題パックを購入するんですが、U-NEXTの場合、ポイントがもらえるんで、お得に動画を見ることができました。

U-NEXTは、NHK以外のテレビドラマとかも扱ってるんで、いろいろドラマを見る人にはおすすめですよ♪

ただ、朝ドラと大河ドラマしか見ない、って場合は、NHKオンデマンドのほうがお得です。

自分の視聴の好みに合わせて選んでくださいね♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

スポンサーリンク




 

>>次ページ・24話のあらすじ・感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください