半分、青い40話(第7週)動画視聴法&あらすじ感想(5月17日)

半分青い40話あらすじ動画

朝ドラ『半分、青い。』40話(第7週・5月17日放送)のあらすじや感想、見逃した時のおすすめ動画視聴方法を紹介します。

『半分青い』40話のあらすじの他、感想も紹介するので、ネタバレに感じるかも。

ネタバレがイヤな場合は先に動画を見て下さいね。

『半分青い』40話の動画を見る方法

それでは、まず朝ドラ『半分、青い。』40話を見逃した時のおすすめ動画視聴方法から紹介しますね。

おすすめ方法は、2つあります。

それぞれ、おすすめポイントが違いますので、自分に合った視聴方法を選んでみてください♪

おすすめ方法その1

朝ドラ『半分青い』40話を見逃した時のおすすめの動画視聴方法1つ目は、

U-NEXT

で見ることです。

U-NEXTは、いろんな動画が見れるサービスで、NHK以外のテレビ局のドラマとか映画なんかも見れておすすめです♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

U-NEXTおすすめポイント

『半分、青い。』40話を見逃した時の動画視聴方法の1つ目はU-NEXTなんですが、おすすめポイントを紹介しますね。

U-NEXTには、いろいろおすすめポイントがあります♪

31日間月額料無料

U-NEXTは、新規登録で最初の31日間月額料金が無料になります。

最初の月額料金がかからないんで、『半分、青い。』40話を見る料金しかかかりません。

ポイントがもらえる

U-NEXTのおすすめポイント2つ目は、ポイントがもらえることです。

U-NEXTでは、新規登録した時でも600ポイントがもらえます。

『半分、青い。』40話を見るのに必要なポイントは216ポイント

新規登録でもらえるポイントが600ポイントあるんで、『半分青い』40話はもらったポイントで見ることができます♪

毎月ポイントがもらえる

U-NEXTでもらえるポイントは、継続利用した時にもあります。

毎月もらえるポイントは1200ポイント

1200ポイントあれば、『半分、青い。』が5話分、見れることになります。

『半分、青い』をそんなに見逃してなかったら、ポイントだけで視聴することもできます。

あと、このあと説明する見放題パックを購入する時もポイントを使うことができます。

 

あと、U-NEXTの月額料金は、1990円ですが、1200ポイントももらえるので、実質790円で利用してるようなものです♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

おすすめ方法その2

『半分、青い。』40話を見るのにおすすめな方法その2は、

NHKオンデマンド

で見ることです。

NHKオンデマンドは、NHKがやってる動画配信サービスです。

NHKオンデマンドは、NHKでやってる番組を見れるサービスです。

U-NEXTのようにポイントがもらえるわけでもないんで、お得感はありませんが、『半分青い』にしか興味がない、あとは大河ドラマが見れればいい、って場合は、NHKオンデマンドのほうが割安です。

NHKオンデマンド公式サイトはこちら

登録方法は3つあり!

『半分、青い。』40話の動画を見るのに、おすすめな2つの方法を紹介しました。

2つのおすすめ動画サービスを紹介しましたが、2つのサービスには、3つの登録方法があるんです。

契約する時に3つある登録方法を間違えると、見たい時に見れなくなっちゃうんで、次に説明する登録方法を確認してから契約して下さいね!

 

3つの視聴方法には、

  • 単話購入
  • 見逃し見放題パック
  • 特選見放題パック
の3種類があります。

U-NEXTとNHKオンデマンドは、呼び方は違っても同じ視聴方法です。

単話購入

単話購入は、1話ごとに購入して視聴する方法です。

見逃した回が少なかったら、単話購入がおすすめです。

単話購入の価格は216円です。

見逃し見放題パック

見逃し見放題パックは、NHKで放送されてる朝ドラや大河ドラマなどが約14日間限定で動画配信されるパックです。

約2週間動画配信されてますので、週末にまとめてみたい時なんかにはおすすめです。

ただし、配信期間が最大14日間なんで何度も見たい、って場合や、見逃した回が2週間程度では追い付かない、って場合は向きません。

月額料金は、972円です。

特選見放題パック

特選見放題パックもNHKの朝ドラや大河ドラマなどいろんな番組が見れるですが、特選見放題パックの場合、過去の朝ドラや大河ドラマが見れます。

もちろん『半分、青い。』の過去に放送された分も順次、動画配信されていきます。

ただし、特選見放題パックで『半分青い』を見る場合、見逃し見放題パックの動画配信が終わってからの14日後になりますので、当日見たい、とか、その週末にまとめてみたい、って場合は不向きです。

月額料金は、972円です。

 

『半分、青い。』40話を見るための3つの登録方法を紹介しました。

とくに、『見逃し見放題パック』と『特選見放題パック』の契約を間違っちゃうと、自分が見たい時に見れなくなっちゃうんで、契約する時は注意して下さいね。

U-NEXTでも、単話購入以外、NHKオンデマンドの見放題パックを購入する形になります。

NHK以外のドラマや映画も楽しみたいならU-NEXT。

朝ドラ・大河ドラマだけしか見ないならNHKオンデマンド。

自分に合った視聴方法を選んでみてください♪

あと、U-NEXTなら、継続利用した時に1200ポイントがもらえるんで、ポイントを利用して見放題パックの支払いもできます。

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

注意

『半分、青い。』40話の動画を見るのに紹介したU-NEXTとNHKオンデマンドの情報は、2018年5月17日時点のものです。登録する時期により、見放題が終わっていたり、動画配信が終わってる場合もありますので、確認してから契約するようにして下さい。

スポンサーリンク




『半分青い』40話のあらすじ

それでは、ここからは朝ドラ『半分、青い。』40話(第7週)のあらすじを紹介します。

謝りたい!(4)

 

喫茶おもかげ

律(佐藤健さん)は、喫茶おもかげで女の子とお茶をしていた。

その時、鈴愛(永野芽郁さん)が入ってくる。

鈴愛は、近所に律が住んでいることを知らず、律がいることに驚く。

鈴愛が話しかけてきたので、律と一緒にいた女の子はお金を置いて立ち去ってしまった。

鈴愛は、女の子を追いかけなくていいのか?と言うが、律は向こうから話しかけてきたはじめて会う女の子だから、その必要はない、と答える。

そして、喫茶おもかげのマスターがオーダーを取りに来るが、鈴愛は秋風(豊川悦司さん)が来てないか、尋ねる。

どうやら、今日は来ていないらしい。

それから鈴愛と律は近所に住んでいることを確認し合う。

ふくろう町

その頃、ふくろう町では、和子(原田知世さん)が岡田医院を訪れていた。

和子は、律が変な女の子に引っかからないか心労で病院を訪れたのだ。

カウンセリングが苦手なキミカ先生(余貴美子さん)は、和子をボクシングに誘う。

キミカ先生、晴(松雪泰子さん)、和子の3人でボクシングジムに行くと、和子はスッキリする、と喜ぶ。

ティンカーベル

オフィスティンカーベルの秋風の自室では、秋風が昼食にインスタントラーメンを食べようとしていた。

その時、秋風は、新しい漫画のアイデアがひらめく。

そして、机の下にもぐり、アイデアをまとめるのに没頭する。

秋風を見つけた鈴愛は、カケアミを見せようとするが、秋風の様子を見てそのまま立ち去る。

鈴愛は、菱本(井川遥さん)に報告するが、今は邪魔してはいけない、と忠告される。

秋風は、そのまま『ネーム』と呼ばれるマンガの案を一気にまとめ上げる…。

40話あらすじパート2(ネタバレ注意)

ここからも『半分青い』40話のあらすじを紹介しますが、物語後半になってくるので、ネタバレに感じるかもしれません。

ネタバレがイヤな場合は読み飛ばすか、先に動画を見て下さいね。

翌日

作業部屋では、みんなが作業していた。

秋風は、別のマンガの原稿を書いていた。

マンガをかきあげた秋風はその日の仕事を終了する。

その様子を見た菱本は、次の仕事のスケジュールを心配し、話しかけるが、秋風は自分の部屋に仕上げたネームがある、と余裕を見せる。

 

しかし、秋風の部屋から戻ってきた菱本は、ネームを書いた紙がない、と報告する。

秋風は、昨日一気に書き上げた傑作だ、といって慌てる。

そして、今日、自分の部屋を掃除したのは誰だ、といって鈴愛に近づいていく。

鈴愛は立ち上がり、私だ、と答える。

床に紙が散らばっていたので、捨ててしまった、と答えるが、秋風は、それがネームだ、とつぶやく。

鈴愛は丸まった紙を捨てた、と言うが、秋風は、ちゃんと机の上にそろえて置いていた、と主張する。

ボクテ(志尊淳さん)は、ゴミ収集車が来たか菱本に確認するが、とっくに回収された、と菱本が答える。

秋風は、自分の遺作になる傑作だ、と主張し、収集車を追いかけろ、と叫びだす。

菱本は秋風の無茶な要望を制止するが、秋風の思い違いかもしれないことから、みんなで手分けして探すことにする。

 

みんながいなくなった時、秋風は、鈴愛に、有名な漫画家の話をし始める。

その漫画家の担当編集が漫画家の書いた原稿をなくしてしまった。

漫画家は謝罪はイイからマンガを返してくれ、と言ったそうだ。

その担当編集者は、先代社長の墓の前でナイフを腹に突きつけた、と言う。

秋風は、もしネームが見つからなかったら、鈴愛にも切腹してもらう、と語気を荒げる…。

40話あらすじ終わり

『半分青い』40話の感想(ネタバレ注意)

ここからは『半分、青い。』40話(第7週・5月17日放送)の感想を紹介します。

感想だけにネタバレに感じるかもしれませんので、ネタバレがイヤな場合は先に動画を見て下さいね。

再会

鈴愛(永野芽郁さん)と律(佐藤健さん)がとうとう東京で再会しましたね。

律は、上京して遊びまくろうと思っていたので、鈴愛に会いたくなかったようですが(笑)

二人が再開したことで、物語がどう進んでいくかも注目ですね♪

ネーム事件

鈴愛と律の再会がありましたが、『半分青い』40話では、もっと大きな事件がありました。

鈴愛が、秋風羽織(豊川悦司さん)の描いたネームを捨ててしまった事件です。

もし、ネームが見つからなければ、鈴愛はクビでしょうね…。

ただ、話の内容にすれ違いがあるような…。

鈴愛は丸められた紙を捨てた、と言っていましたが、秋風は、ちゃんと机に並べて置いていた、と言います。

鈴愛が捨てた紙も書き損じだったような気がしますが…。

はたして、ネームを書いた紙が見つかるのか?

そもそも秋風の思い違いなのか?

結果は、次回以降ですね…。

もし、ネームが見つからなかったら、『半分青い』のティンカーベル編は終わっちゃうんでしょうか!?

せっかく、小宮裕子(清野菜名さん)とも打ち解けた、と言うのに…。

まとめ

朝ドラ『半分、青い。』40話(第7週・5月17日放送)のあらすじや感想、動画視聴方法を紹介しました。

『半分青い』40話では、ネーム事件が勃発してしまいましたね。

はたして、鈴愛が捨てたのはホントにネームだったのか?

次回以降、勘違いだったことを祈るしかありません…。

動画を見る方法は

  • U-NEXT
  • NHKオンデマンド
でしたね。

いろんなテレビ局のドラマや、映画が見たい場合はU-NEXT。

NHKの番組しか興味がない時はNHKオンデマンド。

好みに合わせて選んでくださいね♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

スポンサーリンク




 

>>次ページ・41話あらすじ感想まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください