半分、青い47話(第8週)動画視聴法&あらすじ感想(5月25日)

半分青い47話あらすじ動画

朝ドラ『半分、青い。』47話(第8週・5月25日放送)のあらすじや感想、見逃した時のおすすめ動画視聴方法を紹介します。

『半分青い』47話のあらすじの他、感想も紹介するので、ネタバレに感じるかも。

ネタバレがイヤな場合は先に動画を見て下さいね。

『半分青い』47話の動画を見る方法

それでは、まず朝ドラ『半分、青い。』47話を見逃した時のおすすめ動画視聴方法から紹介しますね。

おすすめ方法は、2つあります。

それぞれ、おすすめポイントが違いますので、自分に合った視聴方法を選んでみてください♪

おすすめ方法その1

朝ドラ『半分青い』47話を見逃した時のおすすめの動画視聴方法1つ目は、

U-NEXT

で見ることです。

U-NEXTは、いろんな動画が見れるサービスで、NHK以外のテレビ局のドラマとか映画なんかも見れておすすめです♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

U-NEXTおすすめポイント

『半分、青い。』47話を見逃した時の動画視聴方法の1つ目はU-NEXTなんですが、おすすめポイントを紹介しますね。

U-NEXTには、いろいろおすすめポイントがあります♪

31日間月額料無料

U-NEXTは、新規登録で最初の31日間月額料金が無料になります。

最初の月額料金がかからないんで、『半分、青い。』47話を見る料金しかかかりません。

ポイントがもらえる

U-NEXTのおすすめポイント2つ目は、ポイントがもらえることです。

U-NEXTでは、新規登録した時でも600ポイントがもらえます。

『半分、青い。』47話を見るのに必要なポイントは216ポイント

新規登録でもらえるポイントが600ポイントあるんで、『半分青い』47話はもらったポイントで見ることができます♪

毎月ポイントがもらえる

U-NEXTでもらえるポイントは、継続利用した時にもあります。

毎月もらえるポイントは1200ポイント

1200ポイントあれば、『半分、青い。』が5話分、見れることになります。

『半分、青い』をそんなに見逃してなかったら、ポイントだけで視聴することもできます。

あと、このあと説明する見放題パックを購入する時もポイントを使うことができます。

 

あと、U-NEXTの月額料金は、1990円ですが、1200ポイントももらえるので、実質790円で利用してるようなものです♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

おすすめ方法その2

『半分、青い。』47話を見るのにおすすめな方法その2は、

NHKオンデマンド

で見ることです。

NHKオンデマンドは、NHKがやってる動画配信サービスです。

NHKオンデマンドは、NHKでやってる番組を見れるサービスです。

U-NEXTのようにポイントがもらえるわけでもないんで、お得感はありませんが、『半分青い』にしか興味がない、あとは大河ドラマが見れればいい、って場合は、NHKオンデマンドのほうが割安です。

NHKオンデマンド公式サイトはこちら

登録方法は3つあり!

『半分、青い。』47話の動画を見るのに、おすすめな2つの方法を紹介しました。

2つのおすすめ動画サービスを紹介しましたが、2つのサービスには、3つの登録方法があるんです。

契約する時に3つある登録方法を間違えると、見たい時に見れなくなっちゃうんで、次に説明する登録方法を確認してから契約して下さいね!

 

3つの視聴方法には、

  • 単話購入
  • 見逃し見放題パック
  • 特選見放題パック
の3種類があります。

U-NEXTとNHKオンデマンドは、呼び方は違っても同じ視聴方法です。

単話購入

単話購入は、1話ごとに購入して視聴する方法です。

見逃した回が少なかったら、単話購入がおすすめです。

単話購入の価格は216円です。

見逃し見放題パック

見逃し見放題パックは、NHKで放送されてる朝ドラや大河ドラマなどが約14日間限定で動画配信されるパックです。

約2週間動画配信されてますので、週末にまとめてみたい時なんかにはおすすめです。

ただし、配信期間が最大14日間なんで何度も見たい、って場合や、見逃した回が2週間程度では追い付かない、って場合は向きません。

月額料金は、972円です。

特選見放題パック

特選見放題パックもNHKの朝ドラや大河ドラマなどいろんな番組が見れるですが、特選見放題パックの場合、過去の朝ドラや大河ドラマが見れます。

もちろん『半分、青い。』の過去に放送された分も順次、動画配信されていきます。

ただし、特選見放題パックで『半分青い』を見る場合、見逃し見放題パックの動画配信が終わってからの14日後になりますので、当日見たい、とか、その週末にまとめてみたい、って場合は不向きです。

月額料金は、972円です。

 

『半分、青い。』47話を見るための3つの登録方法を紹介しました。

とくに、『見逃し見放題パック』と『特選見放題パック』の契約を間違っちゃうと、自分が見たい時に見れなくなっちゃうんで、契約する時は注意して下さいね。

U-NEXTでも、単話購入以外、NHKオンデマンドの見放題パックを購入する形になります。

NHK以外のドラマや映画も楽しみたいならU-NEXT。

朝ドラ・大河ドラマだけしか見ないならNHKオンデマンド。

自分に合った視聴方法を選んでみてください♪

あと、U-NEXTなら、継続利用した時に1200ポイントがもらえるんで、ポイントを利用して見放題パックの支払いもできます。

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

注意

『半分、青い。』47話の動画を見るのに紹介したU-NEXTとNHKオンデマンドの情報は、2018年5月25日時点のものです。登録する時期により、見放題が終わっていたり、動画配信が終わってる場合もありますので、確認してから契約するようにして下さい。

スポンサーリンク




『半分青い』47話のあらすじ

ここからは『半分青い』47話の内容を紹介します。

まずは47話のあらすじから。

助けたい(5)

 

ティンカーベル

オフィス・ティンカーベルのリラクゼーションルームでは、菱本(井川遥さん)が、秋風羽織(豊川悦司さん)が旅に出たのはがんが再発したからに違いない、と涙を流していた。

それを慰める律(佐藤健さん)だったが、その時、鈴愛(永野芽郁さん)が入ってくる。

二人の様子を見て立ち去ろうとした鈴愛を見て、菱本は慌てて鈴愛を引き留め、誤解を解こうとする。

菱本は、秋風が旅に出たことを伝えるが、鈴愛は秋風が自分の実家にいることを逆に伝える。

つくし食堂

その頃、つくし食堂では、秋風がくつろいでいた。

鈴愛が読んでいたと思われる手塚治虫やちばてつやのマンガを読んで育ったことを、王道のものを読んでいるいい傾向だと褒める。

和子に電話していた晴は、和子から秋風のサインをもらって食堂に飾れば、と話をしていた。

リラクゼーションルーム

リラクゼーションルームでは、鈴愛も交えて律と菱本が秋風のことについて話し合っていた。

菱本は、秋風の様子だと死に支度をしている、と感じる。

鈴愛は、先生はまだ生きている、まだ何とかなる、とあきらめない姿勢を見せる。

下宿

その後、鈴愛は、下宿のボクテ(志尊淳さん)と裕子(清野菜名さん)を自室に呼んでいた。

ボクテと裕子は、それぞれ持っているお金を出し合う。

ガンの本を買って秋風の治療法を勉強しようと思ったのだ。

しかし、裕子が本を買うより、図書館で調べたほうが早くないか?と提案する。

裕子は、少し冷静になって秋風先生のために何ができるか考えたほうがいいのでは?と付け足す。

すると、鈴愛は、そもそも菱本と秋風の関係は何なのか?と質問しだす。

菱本の過去

菱本は、お茶の水大学を首席で卒業し、出版業界最大手の散英社に入社。

散英社の男性陣も注目するが、菱本の人を寄せ付けない人格とラブリーすぎるファッションで、男性陣はすぐに遠ざかってしまった。

そんな中、菱本は27歳の時、社内の男性に恋をする。

しかし、その男性は妻子持ちで不倫関係になってしまう。

その男性は編集長だったが、社内で不倫関係がバレてしまう。

すると、その男性は、自分の出世のため、手のひらを返し、彼女を裏切る。

会社にいづらくなった菱本は、その頃、編集を担当していた中堅漫画家、秋風羽織が手を差し伸べ、秋風のマネージャーになる。

その後、秋風は、巨匠漫画家になるが、秋風が売れたのは菱本の影の支えがあったからだ、と言われている。

47話あらすじパート2(ネタバレ注意)

ここからも『半分青い』47話のあらすじを紹介しますが、物語後半になってくるので、ネタバレに感じるかもしれません。

ネタバレがイヤな場合は読み飛ばすか、先に動画を見て下さいね。

秋風の自室

秋風の自室に秋風が帰ってきた。

自室前には菱本が待っていた。

菱本が、鈴愛の実家に行っていたことを確認すると、秋風は、鈴愛が読んでいたマンガを見てルーツを理解したから、その強みを生かせば…、と話し始めるが、菱本は秋風の話をさえぎり、ガンの再発について再び確認する。

すると、秋風は自分のプランを話し始める。

自分が描いたマンガは残るが、自分自身を残そうと弟子を取った考えを話し始める。

そして、自分にはあまり時間がないから協力してくれ、と菱本にお願いする…。

作業部屋

和子(原田知世さん)から律の家に電話があり、晴(松雪泰子さん)に秋風のガンに効く漢方薬を頼まれたが、漢方薬の先生に聞いたら、どこのガンか知りたい、と言われたそうだ。

そこで、和子は律に秋風のガンがどこのガンか確認するためにティンカーベルを訪れる。

律は、作業している鈴愛にがんの確認をするため作業部屋を訪れる。

鈴愛に話を聞こうと別の部屋に行こうとするが、鈴愛が大声で秋風のガンについて話し始める。

律は、他の人が知らないと思って気を使うが、ボクテや裕子も知っている、と律に教える。

しかし、律は、誰にでも秋風のガンのことをペラペラしゃべる鈴愛をしかる。

鈴愛の羽より軽い口が誰かをキズつけると考えたことはないのか?と。

しかし、鈴愛は先生に生きてもらうためにみんなに知ってもらう、と抵抗する。

 

鈴愛と律が言い争っている時、菱本が割って入る。

秋風のかかりつけの病院、信濃町大学病院の領収書がない、と言いだす。

経費にうるさい秋風が領収書をもらわないわけがない、歯医者の領収書さえもらっている、とみんなに見せる。

領収書を見た鈴愛は、『美濃権太』という名前に疑問を持つ。

すると、菱本は秋風の本名だ、と教える。

それを聞いて、鈴愛だけではなく、ボクテも裕子もおどろく。

菱本は領収書がないということは秋風が病院に行ってないのでは?と思う。

律は、ひょっとしたら再発したと秋風が思い込んでいるだけでは?と疑問を伝える。

鈴愛は、先生ならあり得る、とつぶやく…。

ー47話あらすじ終わりー

『半分青い』47話の感想(ネタバレ注意)

ここからは『半分、青い。』47話(第8週・5月25日放送)の感想を紹介します。

感想だけにネタバレに感じるかもしれませんので、ネタバレがイヤな場合は先に動画を見て下さいね。

菱本の過去

『半分青い』47話も15分ドラマとは思えないくらい盛り沢山な内容でした♪

まず、わかったのが菱本若菜(井川遥さん)の過去。

経歴は、まあ、あらすじを読んでもらうとして、不倫は確かに意外でした(笑)

見てる時は裕子(清野菜名さん)と同じように、不倫に反応する鈴愛に、なぜ不倫に反応する?と思いましたが、振り返ってみれば、菱本の敏腕ぶりは、今まで見てきてわかってますから、そんな菱本が不倫してたって過去のほうが驚きますね(笑)

しかも、朝ドラで不倫ネタって(笑)

菱本の過去・鈴愛の空気を読まない発言・ボクテの合いの手・裕子のツッコミと、すべてが考えられたすごい脚本だと思います♪

初ゲンカ?

『半分青い』47話では、1つ珍しいシーンが。

それは、鈴愛(永野芽郁さん)と律(佐藤健さん)の言い合い。

言い合いっていうか、口ゲンカ?

鈴愛と律が揉めてるのって初じゃないですか?

いつも律はおだかやに鈴愛の発言を流してたのに、律が鈴愛に対して、きびしく言うなんて、今までなかったですからね。

ここで、鈴愛と律のケンカを描くってことは、このあとの物語の伏線かもしれませんね♪

まとめ

朝ドラ『半分、青い。』47話(第8週・5月25日放送)のあらすじや感想、動画視聴方法を紹介しました。

『半分青い』47話では、菱本の過去、鈴愛と律の初ゲンカがありましたね。

あとは、秋風のガンが思い込みなのか、ホントに再発なのか、ってところですね。

動画を見る方法は

  • U-NEXT
  • NHKオンデマンド
でしたね。

いろんなテレビ局のドラマや、映画が見たい場合はU-NEXT。

NHKの番組しか興味がない時はNHKオンデマンド。

好みに合わせて選んでくださいね♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

スポンサーリンク




 

>>『半分青い』48話あらすじ感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください