半分、青い50話(第9週)動画視聴法&あらすじ感想(5月29日)

半分青い50話あらすじ動画

朝ドラ『半分、青い。』50話(第9週・5月29日放送)のあらすじや感想、見逃した時のおすすめ動画視聴方法を紹介します。

『半分青い』50話のあらすじの他、感想も紹介するので、ネタバレに感じるかも。

ネタバレがイヤな場合は先に動画を見て下さいね。

『半分青い』50話の動画を見る方法

あらすじや感想を紹介する前に、まず朝ドラ『半分、青い。』50話(第9週・5月29日放送)を見逃した時のおすすめ動画視聴方法から紹介しますね。

おすすめ方法は、2つあります。

それぞれ、おすすめするタイプが違いますので、自分に合った視聴方法を選んでみてください♪

おすすめ方法1つ目

朝ドラ『半分青い』50話を見逃した時のおすすめの動画視聴方法1つ目は、

U-NEXT

で見ることです。

U-NEXTは、いろんな動画が見れるサービスで、NHK以外のテレビ局のドラマとか映画なんかも見たい時におすすめです♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

U-NEXTおすすめポイント

『半分、青い。』50話を見逃した時の動画視聴方法の1つ目はU-NEXTなんですが、おすすめポイントを紹介しますね。

U-NEXTには、いろいろおすすめポイントがあります♪

31日間月額料無料

U-NEXTは、新規登録で最初の31日間月額料金が無料になります。

最初の月額料金がかからないんで、『半分、青い。』50話を見る料金しかかかりません。

ポイントがもらえる

U-NEXTのおすすめポイント2つ目は、ポイントがもらえることです。

U-NEXTでは、新規登録した時でも600ポイントがもらえます。

『半分、青い。』50話を見るのに必要なポイントは216ポイント

最初にもらえるポイントが600ポイントあるんで、『半分青い』50話はもらったポイントで見ることができます♪

毎月ポイントがもらえる

U-NEXTでもらえるポイントは、継続利用した時にもあります。

毎月もらえるポイントは1200ポイント

1200ポイントあれば、『半分、青い。』が5話分、見れることになります。

あと、このあと説明する見放題パックを購入する時もポイントを使うことができます。

 

肝心のU-NEXTを継続利用した時の月額料金は、1990円ですが、1200ポイントももらえるので、実質790円で利用してるようなものです♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

おすすめ方法2つ目

『半分、青い。』50話を見るのにおすすめな方法の2つ目は、

NHKオンデマンド

で見ることです。

NHKオンデマンドは、NHKがやってる動画配信サービスです。

NHKオンデマンドは、NHKでやってるサービスなんで、NHKの番組を見ることができます。

U-NEXTのようにポイントがもらえるわけでもないんで、お得感はありませんが、『半分青い』にしか興味がない、あとは大河ドラマが見れればいい、って場合など、NHKの番組しか興味がない時は、NHKオンデマンドのほうが割安です。

NHKオンデマンド公式サイトはこちら

登録方法は3つあり!

『半分、青い。』50話の動画を見るのに、おすすめな2つの方法を紹介しました。

2つのおすすめ動画サービスを紹介しましたが、2つのサービスには、3つの登録方法があるんです。

契約する時に3つある登録方法を間違えると、見たい時に見れなくなっちゃうんで、次に説明する登録方法を確認してから契約して下さいね!

 

3つの視聴方法には、

  • 単話購入
  • 見逃し見放題パック
  • 特選見放題パック
の3種類があります。

U-NEXTとNHKオンデマンドは、呼び方は違っても同じ視聴方法です。

単話購入

単話購入は、1話ごとに購入して視聴する方法です。

見逃した回が少なかったら、単話購入がおすすめです。

単話購入の価格は216円です。

見逃し見放題パック

見逃し見放題パックは、NHKで放送されてる朝ドラや大河ドラマなどが約14日間限定で動画配信されるパックです。

約2週間動画配信されてますので、週末にまとめてみたい時なんかにはおすすめです。

ただし、配信期間が最大14日間なんで何度も見たい、って場合や、見逃した回が2週間程度では追い付かない、って場合は向きません。

月額料金は、972円です。

特選見放題パック

特選見放題パックもNHKの朝ドラや大河ドラマなどいろんな番組が見れるですが、特選見放題パックの場合、過去の朝ドラや大河ドラマが見れます。

もちろん『半分、青い。』の過去に放送された分も順次、動画配信されていきます。

ただし、特選見放題パックで『半分青い』を見る場合、見逃し見放題パックの動画配信が終わってからの14日後になりますので、当日見たい、とか、その週末にまとめてみたい、って場合は不向きです。

月額料金は、972円です。

 

『半分、青い。』50話を見るための3つの登録方法を紹介しました。

とくに、『見逃し見放題パック』と『特選見放題パック』の契約を間違うと、自分が見たい時に見れなくなっちゃうんで、契約する時は注意して下さいね。

U-NEXTでも、単話購入以外、NHKオンデマンドの見放題パックを購入する形になります。

NHK以外のドラマや映画も楽しみたいならU-NEXT。

朝ドラ・大河ドラマだけしか見ないならNHKオンデマンド。

自分に合った視聴方法を選んでみてください♪

あと、U-NEXTなら、継続利用した時に1200ポイントがもらえるんで、ポイントを見放題パック972円の支払いにあてることもできます。

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

注意

『半分、青い。』50話の動画を見るのに紹介したU-NEXTとNHKオンデマンドの情報は、2018年5月29日時点のものです。登録する時期により、見放題が終わっていたり、動画配信が終わってる場合もありますので、確認してから契約するようにして下さい。

スポンサーリンク




『半分青い』50話のあらすじ

ここからは『半分青い』50話の内容を紹介します。

まずは50話のあらすじから。

会いたい(2)

 

大学研究室

律(佐藤健さん)が通う大学で、律が講義を受けている宇佐川教授(塚本晋也さん)の研究室で、ロボットに関する話を聞いていた。

すると、宇佐川教授は、話の途中にさりげなく研究室の出入り口の扉のカギを閉めた。

教授は怪しい雰囲気を醸し出し、研究室に入ってね、と迫る。

律がドアに向かおうとすると、教授は律の行く手を遮って外に出れないようにする。

そこへドアをノックする音が。

しょうがなく教授がドアのかぎを開けると、研究室の部員が3人、入ってきた。

律の顔を見た女性研究員は、教授が無理やり研究室に入れようと企んでいることを察し、問題になる、と教授をしかりつける。

女性研究員は、さらに、研究でこもりっぱなしなので、シャワーくらいつけてくれ、とお願いするが、教授は勧誘しようとしていた律に言い訳を始める。

しかし、律は、女性研究員がいった、弱小研究室、という言葉に引っかかり、教授に本当かどうか確認する。

すると、研究員の1人が、世界で初めて二足歩行のロボットを開発した宇佐川教授だ、と説明するが、律ももちろん知っていた。

だからこそ、律は、学生が溢れていると思ったら、弱小研究室、という言葉に引っかかったのだ。

その言葉を受けて研究員がさらに説明を続ける。

ロボット研究は、夢しかないから、就職が困難でどんどん離れて行った、と説明する。

教授は、せっかくうまくダマせたのに、と落ち込むが、律は全く気にしなかった。

またここにきていいか、と尋ねる律に、宇佐川は自書を渡す、ただお金を取られてたが…。

公園

翌日、鈴愛たちが住む近所の公園で律は、鈴愛(永野芽郁さん)にロボット研究について熱く語る。

なんと、律は、宇佐川教授からかった本を1日で読んだのだ。

そして、律は、将来はロボット研究をしてみたい、と軽くもらす。

しかし、鈴愛は律の話をあまり聞いていなかった。

律もうすうすは感じていたが、鈴愛は恋をした、と律にうちあける。

50話あらすじパート2(ネタバレ注意)

ここからも『半分青い』50話のあらすじを紹介しますが、物語後半になってくるので、ネタバレに感じるかもしれません。

ネタバレがイヤな場合は読み飛ばすか、先に動画を見て下さいね。

ティンカーベル

オフィス・ティンカーベルでは、秋風羽織(豊川悦司さん)のマンガ塾が始まっていた。

今日のテーマは『スズメの恋』だと、ホワイトボードに書いて説明する。

鈴愛はテーマを聞いて、すぐに抗議するが、秋風は、お前の口が羽より軽いからだ、と言って笑い飛ばす。

鈴愛はさらに、恋の話はいろんな人に話したが、先生にだけはしてないのに、なぜ知っている、と岐阜弁で言い返す。

秋風は、岐阜弁で反抗されたことに河内弁で言い返すが、鈴愛は、裕子(清野菜名さん)やボクテ(志尊淳さん)に秋風に話したか確認すると、二人とも首を振る。

しかし、菱本(井川遥さん)に確認すると、菱本は目線をそらしてとぼける…。

秋風はそんな様子の鈴愛にさらに腹を立て、河内弁で怒鳴り散らすが、菱本に注意され落ち着く。

そして、秋風は、鈴愛の正人との恋のあらすじを順番に説明しだす。

秋風は、花火を一緒にする約束までを説明すると、突然みんなに問題を出す。

花火をする、と言って1週間たっても連絡がないことを確認し、いつするのか?と聞く。

さらに、秋風は、鈴愛に向かって連絡先を知ってて連絡してこないのは、社交辞令だ、と言って鈴愛を責める。

鈴愛がうつむいてしまったので、泣かせてしまったかと秋風はビックリするが、鈴愛は心が泣いてるだけだ、とつぶやく。

鈴愛は、みんな正人との話を知っていて、1週間も連絡がないのは、社交辞令と思って、自分を憐れんでいたのか?とみんなに聞くが、秋風はじめみんなそっぽを向いて知らないふりをする。

ベテランアシスタントの中野(河井克夫さん)と野方(猫田直さん)の通称ナカノガタだけはフォローしてくれるが…。

 

その頃、誰もいない下宿では電話が鳴っていた。

正人が電話していたのだ。

ー50話あらすじ終わりー

『半分青い』50話の感想(ネタバレ注意)

ここからは『半分、青い。』50話(第9週・5月29日放送)の感想を紹介します。

感想だけにネタバレに感じるかもしれませんので、ネタバレがイヤな場合は先に動画を見て下さいね。

律は無事だった♪

前回の『半分青い』では、律(佐藤健さん)が宇佐川教授(塚本晋也さん)に研究室に閉じ込められ、身の危険を感じましたが、大丈夫でしたね♪

まあ、朝ドラでホントに危険な話になるわけないですが(笑)

でも、教授と話したおかげで律も自分なりの夢を見つけたみたいですね♪

ロボット工学を学んで有名になるんでしょうか?

楽しみですね♪

鈴愛の恋

鈴愛の恋っていうか、鈴愛の恋をネタに盛り上がってたって話でした(笑)

じっさいは何の進展もありませんでしたから♪

けっきょく、鈴愛は恋の相手が律にも話してないんじゃないでしょうか?

もし話してたら、もっと話が膨らみますからね。

それはともかく、人の恋路をネタにマンガ塾を開く神経というか、最後には鈴愛をいじめる回みたいになってたんで、秋風はやっぱり性格が悪いですね(笑)

ここは一発、鈴愛に秋風にかましてほしいところです♪

まとめ

朝ドラ『半分、青い。』50話(第9週・5月29日放送)のあらすじや感想、動画視聴方法を紹介しました。

『半分青い』50話では、律が無事で何よりでした♪

鈴愛は幸せな気分から一転、イヤな気分にさせられてしまいましたが、正人と付き合って見返してほしいですね♪

動画を見る方法は

  • U-NEXT
  • NHKオンデマンド
でしたね。

いろんなテレビ局のドラマや、映画が見たい場合はU-NEXT。

NHKの番組しか興味がない時はNHKオンデマンド。

好みに合わせて選んでくださいね♪

⇒U-NEXT公式サイトはこちら[AD]

NHKオンデマンドはこちら

 

スポンサーリンク




 

>>『半分青い』51話あらすじ感想まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください